AKB49 66話 セクハラ先輩登場(笑

【送料無料】AKB49~恋愛禁止条例~(01)

【送料無料】AKB49~恋愛禁止条例~(01)
価格:440円(税込、送料別)

 

AKB49 66話のあらすじ&感想です。

 

前回の岡部に引き続き、今回はひろこが

ラブソングを歌うための課題を克服します。

 

 

ひろこの課題は「キスの感触」

どうすればキスの感触を知ることが出来るのか?

悩むひろこは枕もとのぬいぐるみにキスするそぶりを見せる。

 

 

しかし、そんな姿を春子に発見されてしまい焦るのだった。

 

 

場所は変わって楽屋内。

そこではちょうどメンバー同士でキスする姿が。

しかしそこに入っていけないひろこ。そんなひころに

キスしようと迫るメンバーもいたが、結局それはみのりによって

阻止されてしまう。

 

 

みのりの必死さが笑えます(笑

 

 

ひろこはその後、戸賀崎やサクラにキスの感触とは

どんなものなのか?とメモ帳を持って聞いて回る。

 

 

しかし周りを驚かせるだけで、

結局参考になる話は聞けないのだった。

 

 

そんなひろこに「悩み事か」と声をかける実(男バージョン笑)

しかしひろこは今回の件では「浦川君にたよるのはやめとこう」

とひとりつぶやく。

 

 

そうして考えた末、ひろこが選んだ相談相手。

それがセクハラ先輩、えはなく大島先輩だった。

 

 

大島はキスの味を

「あっちゃんはレモン」

「陽菜はいちご」

「たかみなは畳(笑」

と表現してみせる。

 

 

・・・が、まったく参考にならないひろこ。

 

 

そんなひろこを見て大島は

「相手に求める条件はたったひとつ。

一番心を許せる人だよ」

そう伝えるのだった。

 

 

そう言われてひろこが選んだ相手。

それは結局みのりだった。

 

 

楽屋で疲れて眠るみのり。

そんなみのりの頬にそっとキスをするひろこ。

 

 

人知れず、ひろこの目的はたっせいされる。

 

 

「なんかしょっぱかった」

 

ひろこはそう笑う。

こうして吉永の課題はクリアされるのでした。

 

 

 

 

・・・で、続く。

 

 

 

 

うん、岡部のときとは違ってずいぶんあっさり終わってしまいました(汗

もうちょっと話続いてもよかったのではないかと(汗

 

 

とはいえ今回笑ったのはやっぱセクハラ先輩でしょうか(笑

実際のキャラもそうなんですかね~?

確かに誰かがキス魔だって話はいつだか聞いた記憶はあるけど(笑

 

 

ま、なんにしてもこれで吉永も課題クリア。

次はみのりの番??

 

 

ってかみのりは大丈夫なのか(笑

既に課題の前から(笑

 

 

そうなるといよいよゲコク嬢CD販売ってなっていくんですかね?

果たして目標は達成されるのか?

 

次回も気になりますね。

 

 

AKB49関連商品をお探しならこちらから>>>

 

 

 

タグ

2011年12月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:AKB49

このページの先頭へ

日本アカデミー賞