ガンダムAGE 48話 何度見てもゼハートさんが・・・

ガンダムAGE 48話あらすじ&感想です。

 

セカンドムーンとラ・グラミスを結合させ、再度ディグマゼノン砲

を発射するよう命令するゼハート。

 

その命令は、確実に味方を巻き込むことになる。

ラ・グラミスの指揮官オクラムドもその点をゼハートに確認するのだった。

しかし、「やるのだ」と命令するゼハートの表情は今までになく

非常だった。イゼルカントの理想を実現するため、ゼハートは味方

を手にかけることも厭わない。

 

そしてゼハートはフラムに命令を伝える。

ディグマゼノン砲でガンダムとディーヴァを焼き払うため、

ガンダムをおびき寄せろ、と・・・

 

その命令の真意を瞬時に悟るフラム。

つまりゼハートはフラムに「囮になって死ね」と言ったのだ。

 

しかし、フラムはその命令に従う。

例え死ぬことになっても、ゼハートの理想を、心を守りたいと・・・

 

その頃、ラ・グラミスの不穏な動きから、フリットがゼハートの

狙いを察知する。フリットは敵策に対抗するため、ディーヴァを

囮にするという作戦に出る。

 

ディーヴァ乗組員に対艦を命じるフリット。

フリットは既に、海賊船バロノークへの避難をあらかじめ

頼んでいた模様。避難は的に悟られることなく、スムーズに行われる。

 

そんな中、フリットはAGE-1グランサで出撃。

アセムとキオに、ギリギリまで脱出を悟られぬよう、

ディグマゼノン砲の射線上に留まるよう伝える。

 

ディグマゼノン砲の射線上で時間を稼ぐ3機のガンダム。

その前に立ちはだかったのはフラムとレイルだった。

レイルも自身の死を覚悟した上で、フラムの援護に駆けつける。

 

フリットたちのもとへはアビス隊の生き残りである

オブライトとジョナサンも駆けつける。

 

ディグマゼノン砲の発射が迫る中、ゼハートは1人、

心の中で葛藤していた。「自分は何をしているのだ・・・」と。

 

そんなゼハートの脳裏に浮かぶのはかつての部下や仲間たちの姿。

ダズやデシル、メデル・ザント立ちが思い浮かぶ。

死んでいった者たちの思いに報いるためにもと、ゼハートは

決意を新たにするのだった。

 

ガンダム3機を車線上に確実に捉えていることを確認するゼハート。

 

ディグマゼノン砲の発射を目前にし、フリットたちは脱出する体制へ入る。

アセムの駆るダークハウンドの推進力を利用し、一気に射線上からの

脱出を試みる算段だ。

 

しかし、執拗に迫るフラムとレイル。

 

そんな2機に対したのはオブライトだった。

オブライトの一撃はレイルのMSを串刺しにし、破壊する。

 

しかし、ジョナサンがフラムによって撃墜。

既に発射まで時間のない中、オブライトはフラムへと攻撃を仕掛ける。

 

アセムの呼びかけにも応じず、オブライトとフラムは戦闘状態へ。

しかし、戦闘は一瞬で決着する。

 

最初に致命傷を与えたのはフラム。

オブライトのジェノアス0カスタムはコックピット近くを

ビームサーベルによって貫かれた。

 

しかし、それでもオブライトは引かない。

最後の力を振り絞って振りかざしたビームサーベルは、

フォーンファルシアのコックピットを的確に貫いていた・・・

 

アセムたちに「お前たちは生きろ」と伝え、

「レミ、ようやく会いに行ける・・・」

そう呟き、目を閉じるオブライト。

 

フラムもまた、ゼハートの幻を目にしていた。

それはXラウンダーの力なのか、僅かな間、言葉を交わす2人。

フラムは是ハートに笑顔を見せ、散っていく。

 

 

そして、ディグマゼノ砲は発射された。

 

 

車線上にいたザナルド艦隊は消滅。

ディーヴァもまた、大破し、散っていくのだった。

 

ディーヴァ撃沈の報告を受けるゼハート。

しかし、その表情は「ガンダム健在」の報告を受け、

大きく歪む。

 

フラムすら犠牲にしたにもかかわらず、ガンダムを仕留められなかった

自身に激しく憤るゼハート。指揮官であることすら忘れ、ガンダムレギルス

へ乗り込み、出撃していってしまうのだった。

 

そしてガンダムたちの前に現れるゼハート。

その姿を確認し、一番すばやく対応したのはやはりアセムだった。

 

対峙するアセムとゼハート。

 

仲間すら巻き込んだ作戦を咎めるアセム。

そんな言葉に「人の感情などとうに捨てている!」

と反論するゼハート。

 

アセムはそんなゼハートに叫ぶ。

「人であることを捨ててまでやる大義に何の価値がある!」

「人が人であるための『エデン』じゃなかったのか!!」

 

アセムの言葉にうろたえるゼハート。

その隙に、レギルスはダークハウンドの攻撃によって

両腕を吹き飛ばされ、行動不能状態へと追い込まれる。

 

ダークハウンドのアンカーによって顔面部分も破壊され、

コックピットも露わとなるレギルス。

 

コックピットを開け、アセムはゼハートに向かい合う。

「やっと私に追いついたな・・・」つぶやくゼハート。

 

ゼハートの脳裏にはアセム立ちと過ごしたMSクラブでの日々が蘇る。

 

最後にゼハートは「お前のように愛する人と子を作り、生きたかった・・・」

そうアセムに伝え、散っていくのだった・・・

 

 

 

で、続く。

 

 

・・・・うーん・・・・

今回は3回も繰り返し見たのですが、どう考えても

ゼハートが気の毒です・・・(汗

 

因縁の対決でもあるアセムとゼハートの戦い。

その決着がわずか1分足らずで終わってしまうというのは・・・

 

この部分は例え1話まるごと割いても良かったのでは?

というほどAGEにおいて重要な部分だった気がします。

 

レギルスもあっけなくやられすぎでしょうし・・・

 

そして、フラムの死はあまりにも悲しすぎます。

ゼハートに報いようと「死ね」という命令にも従ったフラム。

更にはその死が無駄に終わってしまったのいうのは

やりきれない気持ちでいっぱいです。

 

しかし最後まで奮戦して散っていったオブライトさん。

ハッキリ言ってかっこよすぎ。

 

レミとの思い出の場所でもあるディーヴァを最後まで守ったオブライト。

レイルとフラムというXラウンダー2人を倒す獅子奮迅の戦いぶりは

おそらく今回最も凄まじい活躍だったと思います。

 

ガンダムシリーズの終盤では毎回多くの人が死んでいきますが、

フラムとオブライトの二人の死は非常に印象的でした。

 

ガンダムAGEも残り1話を残すのみ。

果たしてどんな最終階を迎えるのか?

激しく気になるところです。

 

とりあえず、キオが主人公にもかかわらず

あまりに出番が少ないような・・・(汗

タグ

2012年9月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ガンダムAGE

このページの先頭へ

日本アカデミー賞