ワンピース 699話 青キジvsドフラミンゴ

ワンピース699話のあらすじ&感想です。

ドフラミンゴがスモーカーにとどめを刺そうとした瞬間に現れた青キジ。

しかしドフラミンゴはそれに構わずスモーカーにとどめを刺そうと手を振り上げる。その瞬間、青キジの攻撃でドフラミンゴは一瞬で氷漬けになってしまう。

それでもさすがに七武海。氷を即座に砕いて青キジと対峙するドフラミンゴ。しかし二人は結局戦うことなく、ドフラミンゴはその場を後にする。ドフラミンゴが去った後、スモーカーを手当てするよう海兵に伝える青キジ。そんな青キジにスモーカーはなぜここにいるのかと尋ねた。その問いに、青キジは明確な答えは返さず「俺は俺だ」と答えるのだった。

「ドフラミンゴから目を離すな」と忠告してその場を去る青キジ。

翌日、新聞にはドフラミンゴが七武海を抜け、ドレスローザの王位も放棄したという記事が一面に載る。

ここまではローの予想通り。しかし新聞にはさらに記事が続く。その記事の内容はローとルフィが同盟を組んだという内容。そしてキッドとホーキンス、アプーが同盟を組んだことも併せて載っていたのだった。

とはいえ取引通りに行動したドフラミンゴ。そんなドフラミンゴの元へ、電々虫に着信が入る。相手は果たして・・・

で、続く。

おおお、なんか最近かなり面白くなってきましたね。
ドフラミンゴに連絡してきたのはローでしょうけど、果たしてローは約束通りシーザーを返すんでしょうかね?それともさらに何か条件を提示するんでしょうか。

そして七武海の称号とドレスローザの王位を失ったドフラミンゴは果たしてこれからどう行動するのか?このあたりもすんごい気になるところです。

このまま行くとカイドウやビックマムより先にドフラミンゴと全面戦争とかなったりしちゃうでしょうか。なんかドフラってもっと後で戦うキャラのような気もしてたんですけど・・・

正直先の展開が全く読めないしかなり次回も楽しみな感じですね。

タグ

2013年2月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ONEPIECE

このページの先頭へ

日本アカデミー賞