ガンダムAGE 6話 茶色&青色のザク登場(笑

機動戦士ガンダムAGE 第1巻(BD) ◆20%OFF!

機動戦士ガンダムAGE 第1巻(BD) ◆20%OFF!
価格:3,360円(税込、送料別)

 

3世代にわたるストーリー。

何かこの設定がロマサガを彷彿とさせるのは私の気のせいでしょうか(笑

 

なんだかんだでガンダムAGE、見続けてます。

6のあらすじ・感想です♪

 

 

デシルの戦闘データを確認していたフリットの下に、

エミリーがトルディア行きのチケットを持ってやってくる。

 

 

しかしフリットはトルディアへは行かず、

軍に志願すると言うのだった。

 

 

 

それを聞いて泣きながら走り去るエミリー。

エミリーはコロニーの中へと入ってしまうのだった。

 

 

 

同じ頃、ウルフは「昔のなじみのところへ行く」

といってディーヴァを飛び出していく。

 

昔からのなじみだと言うムクレドと会い、

ガンダムのことを話すウルフ。

そして、ガンダムを超えるMSを作って欲しいとムクレドに伝える。

 

 

また同じ頃、グルーデックもファーデーン内に単身で忍び込み、

グルーデックの目的であるUEの拠点を攻撃するための兵力を

整えようとドン・ボヤージの元へ向かう。

 

 

 

エミリーを追ってファーデーンに入ったフリットは

エミリーを発見するが、その直後、MS同士の戦いに巻き込まれてしまうのだった。

 

 

間一髪のところをイワークに助けられるフリットたち。

地下へと逃げ込むことでMSの戦いから逃れるのだった。

 

 

そこでフリットが見たのはまるでスラム街のような風景。

ファーデーンでは、地上に住んでいるのは富裕層のみ。

それ以外の人間はこうして地下に住むしかないのだと言う。

 

 

 

そしてさらに、ファーデーンではMS同士の無益な戦い

がいまだに続けられているのだということを知るフリットは知るのだった。

ファーデーンの本当の姿を目の当たりにするフリットとエミリー。

 

 

そんな話の最中にもMSの戦いが起こり、

イワークの娘が戦いに巻き込まれてしまう。

助けに向かうフリットとイワーク。

 

 

 

イワークは作業用のMSで応戦するが、

やはり歯が立たない。そこでフリットはガンダムを参戦させた。

 

 

 

しかしその直後、突然新たなタイプのUE(バクト)が現れる!

新たなUEに対してドッズライフルを撃つフリット。

しかし、バクトはライフル片手ではじき返したのだ。

 

 

 

驚きを隠せないフリット。

しかしその直後、突如現れたバクトは同じように突如姿をけしてしまう。

 

 

 

直後に集まってきたMSたちによって

はじかれたライフルによって街に出た被害をフリットはとがめられ、

なんと捕らえられてしまうのだった・・・

 

 

 

 

・・・で続く。

 

 

 

さーて、

どんどんと新モビルスーツが登場しましたね!

 

 

いよいよ登場してしまいましたデスペラード(笑

やっぱりテレビで見てもかっこ悪かったですね(泣

 

 

シャベルでザクもどきを倒したりと

意外な活躍は見せましたがその後大破。

短い生涯でした・・・

 

 

しかしホントにAGEはガンダム以外のMSのデザインが微妙ですね(汗

茶色と青色のザクの出来そこないみたいのが出てきましたし・・・

 

 

さすがにバクトはまあ、そこそこな感じですが、

もうちょっとMS全体のデザインをかっこよくしてほしいなぁ・・・と思ってしまいます。

 

 

今後に期待ですね(笑

 

 

 

しかし虎の子のドッズライフルもいとも簡単にはじき返されちゃいましたね~

さあ、どうするガンダム?という感じですが次回予告の感じだと

いよいよ「アレ」が登場するみたいですね。

 

 

タイタスでしたっけ?(名前うろ覚え汗

 

 

なんというかアレはアレでGガンダムみたいに見えるんですよね(汗

ま、とりあえず次回またバクトが登場するっぽいですし

ガンダムがどんな戦いを見せてくれるのか?

 

 

ちょっと注目ですね~

やっぱりパンチとかしちゃうのかなぁ・・・(汗

 

 

 

ガンダムAGE関連商品をお探しならこちらから>>>

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年11月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ガンダムAGE

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞