ハンターハンター 324話 アルカの能力詳細判明&凶暴な執事

HUNTER×HUNTER ハンターハンター Vol.1 【DVD】

HUNTER×HUNTER ハンターハンター Vol.1 【DVD】
価格:3,591円(税込、送料別)

新アニメ版でも今の話は是非やって欲しいなあ、なんて今から思ってます(笑

 

 

ハンターハンター324話のあらすじ&感想です。

 

アルカの能力の全貌がいよいよ見えてきましたね。

この能力が果たしてごんを無事救うことが出来るのか?

楽しみなところですね。

 

 

 

 

キルアとアルカが遊んでいるのをモニター越しに眺めるシルバ達。

ミルキのお願いの分の「おねだり」をキルアは難なく叶えるのだった。

つまりアルカはお願いが出来る状態になる。

 

 

ここでミルキとシルバはアルカの能力を再確認する。

 

1.アルカのおねだりを失敗し、惨殺(リセット)されると

アルカの「おねだり」難易度はレベル1に下がる(つまり、簡単になる)

2.アルカが誰かに「おねだり」を始めると、

他の誰か途中で「おねだり」の対象が移ることはない

3.「おねだり」されている人が途中で死亡すると失敗とみなされ、

最低でも一人の人が死ぬ

4.アルカが名前を知らない人にはおねだりできない

5.同じ人間がアルカに連続してお願いすることは出来ない

 

 

キルアはアルカを連れ、外に出ようとするが、

シルバはそれを認めず、お願いはそこで行うよう伝えるのだった。

 

 

その言葉を聴き、キルアは心の中でつぶやく。

「やっぱり親父たちはどのルールも知らない」

アルカの能力の全てを、シルバ達は知ってはいないようだ。

 

 

キルアはアルカにお願いする。

「30分以内にこの山から俺たちが出られなかったら母親を殺せ・・・!!

30分以内に俺たち2人がいっしょに山を降りられたら俺のほっぺにチューしろ」

 

シルバ達が知らないルール。

アルカには叶えられる願いがひとつであれば、

選択肢を与えることが出来るのだ。

 

 

この願いにより、シルバ達はキルアたちを外に出さざるを得なくなったのだった。

 

 

キルアはモラウに連絡を取る。

ゴンの回りにはビスケやゴレイヌといった仲間たちも駆けつけていた。

しかし、全く反応はないようだ。

 

 

キルアは必ずゴンを元に戻すと伝える。

しかし連絡を取っている最中、キルアの通話は執事のゴトーに

よって遮られてしまうのだった。

 

 

ゾルディック家のルールにより、

いくつかの禁止事項がキルアには提示された。

この禁止事項を守るため、結果的にキルアは執事の

ゴトーとカナリアを連れ、ゴンの元へ向かうこととなった。

 

 

しかしシルバからの命で、

もう2人の執事がキルアに同行することになる。

シルバの命で付いたのはツボネとアマネの2人。

 

キルアを「キルアちゃん」と呼ぶツボネは

他の執事以上に厄介な存在のようだ。

 

 

その時、アルカが突然ツボネに「おねだり」を始めるのだった。

 

 

 

「ツボネー、小指の爪ちょうだい」

 

 

 

このおねだりを笑顔で受け答えるツボネ。

しかし、この直後ツボネは姿をけしてしまう。

つまり、そのままではお願いはできないということだ。

 

アルカのおねだりはどのタイミングで

誰に行われるのか?キルアにも予想が出来ない。

 

 

ツボネが「おねだり」の対象となることはキルアにも想定外のことだった。

 

 

姿を消し、キルアたちに同行すると伝えるツボネ。

厄介な状況となるが、まだキルアには策があるようだ。

「お願い」はできなくても「命令」は出来る。

キルアは心の中でつぶやく。

 

 

ゴンとアルカ。

果たしてキルアは2人を助けることが出来るか?

 

 

 

・・・で続く。

 

 

 

さあ、面白くなってきましたね~

久々に執事のゴトー&カナリア登場。

この2人、これから活躍の場がありそうですね♪

 

 

アルカの能力、詳細が続々と明らかになってきてますが、

キルアの言動を見るとまだ隠されたルールがあるっぽいですね。

 

 

とりあえず、ナニカ(キルアはアルカの別人格をそう呼ぶ)

は壊すことは得意だけど直すのは苦手で、実際に触らないと

治せないらしいですね。

 

つまり、ゴンの元へ行かなくてはならないと。

 

 

来週からは執事を連れたキルアがゴンの元へ無事たどり着けるか?

という話になりそう。無事たどり着けるんですかね~?

 

 

とりあえず今回現れた執事のツボネ。

かなり厄介そうな感じですね。

このキャラは結構カギになりそうです。

 

 

更にはたとえゴンのもとにたどり着いても

一体誰にお願いを頼むのか?

そしてどこかに潜んでいるであろうイルミとヒソカをどう退けるか?

課題は山積み、って感じですね。

これらをどうやって解決していくのか・・・

このあたりがこれからの見所になりそうですね。

 

 

ハンターハンター関連商品をお探しならこちらから>>>

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年11月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞