ガンダムAGEの評価が大変なことになっているようです(汗

不覚にもパッケージはカッコイイと思ってしまいました(笑

 

 

さて。

ガンダムAGEに関する評価が
至る所で急落していることが
確実になっていているようです。

 

プラモデルが全く売れず、
投売り状態になっていたり、
抱き合わせの3点セットで半額以下で販売されたり。

 

漫画が連載されている
コロコロコミックでは毎月
だんだんと表紙に描かれているイラスト
が小さくなっていくという気の毒な扱いをされています。

 

12月など豆粒のように端っこに描かれておりました(汗

 

確かに放映前より賛否両論があったガンダムAGE。

 

しかし、日野氏は絶対の自信があるかのようなコメントをしていました。

 

何故こんな状況にになってしまったのでしょう?

 

もしかして、これから巻き返しの秘策があるのでしょうか(汗

 

とはいえ今回のガンダムAGE。
非常に管理体制も甘く、先にシナリオが
流出したり、モビルスーツのデザインが流出したりと
ずさんな体制を露呈してしまっています。

 

そして、その流出した情報を見る限りでも、
盛り上がりに欠けてしまうのではないかという気がしてなりません。

 

まず、モビルスーツ。

 

既に主人公機である
ガンダムAGEのAGE-2、AGE-3のデザインは見事に流出済み。

 

流出直後からAGE-2はガンダム00、
AGE-3はガンダムZZにそっくりという話が持ち上がりました。

 

確かにどこからどうみてもパクッた用に見えるデザイン(汗
まあ、ガンダムなわけですから多少なり他のシリーズの
ガンダムと似てしまうのは仕方のないことでしょう。

 

その点では、似ているけど別のガンダム、
と言えなくもないかもしれません。

 

ただ、つい先日AGE-2の実物が公開(流出?)。

 

その姿を見て思ったのは、
なんというかまるで00をかっこ悪くしたかのような印象でした(汗

 

カッコよくなるのであればまだしも、
カッコ悪くなるとは・・・

 

これではせっかくAGE-2を期待していた
視聴者を裏切ってしまうのではないかと気が気ではありません。

 

もしかして、換装すればカッコよくなるのでしょうか?

 

そこはもしかすると換装することで
かっこ悪くなるAGE-1と逆なのかもしれません。

 

間もなくTVでもAGE-1タイタスが登場する予定ですが、
まるでGガンダムに登場するどこかの国の代表ではないかと
すら思えてしまうデザインはあまりにも盛り上がりに欠けています。

 

そしてもうひとつの「スパロー」に関しても、
あれはまるでシュピーゲルのような・・・

 

 

・・・いえ、それ以上は言いますまい(汗

 

そもそも換装システムはガンダムSEEDにおいても
キラ・ヤマトの初期の搭乗機ストライクにおいても採用されていました。

 

そして、ストライクの換装システムは
いずれの武装においても一定以上のカッコよさを実現し、
プラモデル等でも非常に人気の高いものであったと記憶しています。

 

 

 

・・・しかし、今回のAGEに関しては、
どう考えても同じことが期待できないというのは
あまりにも厳しいところではないでしょうか(汗

 

話が進むにつれ、主人公機がかっこ悪くなる。

これでは更なる視聴率低下も避けられない状況です。

 

更に言えば、
プラモデルとしても
売り上げが壊滅的状況であり、
ビジネス的な視点からも厳しい状況が垣間見えます。

 

現状においてもガンダムAGEのプラモデルは
3つセットなどになっているケースがあり、その内訳は

 

ガンダムAGE+ジェノアス+ガフラン

といった形。

これは明らかにジェノアスを救済する苦肉の策と思われますが、
どう考えてもジェノアスとともに心中するであろう組み合わせです(泣

 

HG ガンダムAGE 03 ジェノアス バンダイ 1/144

HG ガンダムAGE 03 ジェノアス バンダイ 1/144
価格:1,134円(税込、送料別)

 

 

せめて一体、もっとかっこいい機体がいないものかと思わずにいられません。

 

この状況を見ると昔、
ドラクエⅢと全く売れないファミコンソフトが
抱き合わせで売られていたのを思い出すのは私だけでしょうか。

 

ま、ドラクエⅢほどの人気の期待があれば
売ることは可能でしょうが、明らかに他の機体を
フォローできるだけの魅力を持った機体がいるとはお世辞にも言えませんが・・・(汗

 

更に最近ではザクを彷彿とさせるMSが登場。

 

しかし、何故あえてザクを不細工にしたかのようなデザインが採用されたのでしょうか。

これではプラモデル化したとしても明らかにジェノアスの二の舞です。

 

同じく登場した作業用MSデスペラードは
完全にデザインを度外視し、機能性重視です。

 

名前だけであればなかなかによい感じですが、
その姿を眼にしてしまうとある意味哀愁すら漂ってきそうです。

 

そもそも作業用もビルスーツといえば
ガンダムZZにおいても「ゲゼ」という作業用のMS
が登場したと記憶しています。

 

当時はそのかっこ悪さを馬鹿にしたものですが、
今にして思えばゲゼですらカッコイイと思えてくる私がいます。

 

そういえばAGE-3はガンダムZZそっくりでしたね。
もしやAGEの関係者の皆様はZZがお好きなのでしょうか。

 

主人公フリット君の年代もジュドーと近いですね。

 

AGE-3においては是非ZZを超えるデザインとストーリーを期待したいものです。

 

とはいえその前にAGE-2が登場するわけですが、
果たして現在の苦しい状況を脱することは果たして可能なのでしょうか。

 

父親の尻拭いを息子がする、という状況は
ちょっとリアルすぎて子供向けとして作成している作品として
どうかとは思いますが、是非フリットの息子、
そしてAGE-2には頑張っていただきたいと切に願う次第です。

 

風のウワサではここに来て
視聴率は4%を超えるという現象が起きたそうです。

 

もしかしたらガンダムの面白さに子供層が気がついたのかもしれません。

 

そんな子供達が離れてしまわないよう、
ガンダムAGEには頑張って欲しいですね。

 

 

ガンダムAGE関連商品をお探しならこちらから>>>

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年11月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ガンダムAGE

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞