ワンピース 646話 いきなり手抜き?な展開に(汗

 

ワンピース646話のあらすじ&感想です。

 

 

・・・というか今回はあらすじも何もない感じでしたが(汗

 

いよいよ佳境に差し掛かってる魚人島編。

今回はルフィは出番なし。

 

ゾロたちと新魚人海賊団幹部との決着が描かれました。

 

なんというか、

もったいぶった割に簡単に終わったという感じが・・・

 

結局幹部たちは全員一撃で瞬殺(爆

 

あ、あのでっかいのだけはサンジとジンベエの二人に

やられたから違いましたね(汗

 

 

まあ、ゾロたちの強さを印象付けるための

演出だとは思うので、その点ではよかったのかもしれません。

 

ただ、その止めシーンのために14ページも使用、

7連続見開きってのはさすがにどうかと(汗

 

見た瞬間、あのウルトラジャンプで連載休止中の

某漫画を思い出してしまったのは私だけでしょうか(汗

 

ちょっと適当な感じがしてしまった回でした。

 

 

とはいえこれで新魚人海賊団は

ほぼ壊滅、次回は落ちてくるノアをルフィが

破壊できるか?という話になっていきそうです。

 

戦いも終盤を迎え、終わりが近そうな魚人編。

 

ここから一番気になるのはジンベエが仲間に加わるのかどうか?

というところですね。

 

その辺楽しみにしたいと思います。

 

 

ワンピースの関連商品をお探しならこちらから>>>

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年11月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ONEPIECE

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞