エデンの檻 134話 錦織が悪巧みを始めたっぽい(笑

【送料無料】エデンの檻(14)

【送料無料】エデンの檻(14)
価格:440円(税込、送料別)

 

エデンの檻 134話のあらすじ&感想です。

 

ここのところやられキャラな感じで影も薄かった錦織。

やっぱりこのまま黙ってるつもりはないようです(笑

 

九重爆弾で受けた顔の傷を治療しながら

アキラたちへの復讐を画策する錦織。

その顔は怒りに満ちていた。

 

 

ピラミッドでは錦織の命令で

地下への通路の補強が図られているようだ。

作業に駆り出される人々。

 

 

その傍ら、瀬川や真美たちは水浴びをしていた。

真美は矢頼のことを瀬川たちに聞いていた。

話を聞く印象と、自分が見た「未来」がどうしても結びつかない真美。

なぜ、アキラと矢頼が殺しあっているかのような映像が視えたのか・・・?

 

 

そのころピラミッドではちょっとした騒動が起きる。

斎藤というボクサーくずれの男がアキラ達の同級生

たちに絡んでいたのだ。

 

 

そこへ現れる矢頼。

矢頼はそのボクサーくずれの男を

ものともせず、あっという間に倒してしまう。

 

 

矢頼が自分たちを助けてくれたことに驚きを隠せない学生達。

 

 

そんな光景を、錦織は遠巻きに見ていたのだった。

矢頼の強さを見て、何かを思いついたらしい錦織。

「あいつたしか、矢頼といったな・・・」

 

 

果たして錦織は何を企んでいるのか?

 

 

 

 

 

・・・で、続く。

 

 

 

 

あらら、やっぱり錦織は諦めてなかったね(笑

今回の話の流れだと、やっぱり以前に仮説を立てた

アキラVS矢頼対決構図を錦織が作り出すって方向で間違いないっぽいですね。

 

 

おそらくは操栖先生をエサに矢頼を自分の都合良く

動かそうって考えなんでしょう。

 

 

ただ、矢頼がそんなにうまく操れるのか?

というのはひとつ疑問。矢頼はそういうところ結構鋭そうだし。

 

 

そして今回は真美が視た「未来」のシーンが出てきてました。

まさしく矢頼とアキラが対決してる光景が描かれましたが、

それを見てふっと思ったことが。

 

 

ん?

この二人もしや、戦ってるふりしてるだけでは?

 

 

よくよく考えてみればアキラは錦織のことを確実に信用してない。

ロリコン3人組に矢頼へのメッセージを頼んだ際も、妙に時間をかけて

何かを書いていたっぽい描写がありました。

 

 

あれは多分、真美のこと、

そして、錦織のことを書いたのではないでしょうか。

 

 

おそらくは錦織の本性について。

そして、おそらくは何かを企むはずだとか

メッセージを送ったのでは?

 

 

そのメッセージが今のところ矢頼に届いてないっぽいですが、

もし届きさえすれば、アキラと矢頼は錦織を騙すために

敢えて殺し合うような芝居を打つのでは・・・

 

 

 

なんて思ったり。

 

 

 

んー、でもそうすると操栖先生は助からないということに・・・

そのへんどうなるんでしょう。

 

 

なんにしても錦織がどんな行動に出るのか?

次回はそのあたりが気になる感じですね。

 

 

楽しみ(笑

 

 

 

エデンの檻 コミックをお探しならこちらから>>>

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年11月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:エデンの檻

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞