AKB49 63話 ベタながらこの展開は・・・(笑

 

AKB49 63話あらすじ&感想です。

 

前回の実(みのる)との出会い以来、

実の顔が頭から離れない岡部。

 

回りのメンバーとの会話でも

男を選ぶ基準は「地位(ステータス)」だという岡部。

 

 

きっとこんな気持ちも一時的なもの。

すぐに消えると考えるが・・・

 

 

 

気が付くと、実の学校の校門で実が出てくるのを待っているのだった(汗

 

 

 

それに驚く実。

岡部はそんな実を無理やり連れて行く。

 

 

その後のやり取りでどうも擬似恋愛の相手に

自分が選ばれてしまったらしいと思い込む実。

 

 

しかし、少しくらいなら手伝ってやってもいいか、などとも思う実(笑

 

 

食事をしながら会話する2人。

実はそんな中で岡部の仕事に対する真剣さを改めて感じる。

 

「素直に尊敬するよ」

 

そう言う実。

 

 

その言葉で顔を赤らめる岡部。

 

 

食事も終わり、店を出たところで2人は偶然吉永と出会う。

驚く吉永、そして実。

 

 

しかし、岡部は「条例解除中なんだから勝手でしょ!」

そういって実の腕を引いて歩き始める。

 

 

そのときになってようやく岡部がどうやら本気で

自分のことを好きっぽいと気が付く実。

 

 

果たして、この恋愛の行方は・・・?

 

 

 

 

で、続く。

 

 

 

 

うん、ベタ(笑

だけどまあ、こういう展開って面白いですね。

 

 

果たして岡部、この後どうするんでしょう?

実との関係が続けられるわけもないし・・・

 

 

まあベタなところでは見事に失恋

やっぱり男なんて・・・みたいにいながら恋って

こういう気持ちなのね的な感じで歌も歌えるように・・・

 

 

ってとこでしょうか(笑

 

 

とはいえそうそうベタな展開にもならないでしょうか?

 

どんな展開になるのか?

楽しみにしたいと思います。

 

 

AKB49の関連商品をお探しならこちらから>>>

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年12月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:AKB49

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞