ブリーチ 53巻の感想とか考察とか。銀城さんっておかしいよね?

 

 

ブリーチ53巻の感想とかいろいろ考察とか。

 

今回の表紙は雪緒。

うん、何かちょっとがっかりかも(笑

 

 

今回53巻では460話~469話までが収録。

一護が死神の力を取り戻すところから、銀城が

初代死神代行だったことが発覚。

 

 

そしてフルブリンガー対死神の戦いが始まり、

更木対ギリコ

一角対獅子河原

雪緒対日番谷

ジャッキー対恋次

月島対白哉

リルカ対ルキア

の戦いが描かれました。

 

ギリコは一瞬で真っ二つ。

ジャッキーは峰打ち一発で終了。

 

 

この2人、あまりに扱いがひどい(泣

 

 

獅子河原も結局正面から殴り合って敗退。

雪緒も事実上負け決定。

 

月島とリルカの戦いは54巻へと続いていきました。

ま、このあたりはあんまり注目するところがないんだけど(汗

 

 

今回の巻で最も注目なのはやはり、

銀城が初代死神代行だったというところでしょう。

 

 

ですが、この銀城の言動がどうにもおかしい(汗

 

460話の時点では死神の力を取り戻した一護の力にビビり、

「何だこの霊圧は!!」

とかいってたり。

 

 

その後も「ここは一旦引くしかねえ・・・・」

と言って逃げ出すもいとも簡単に一護にとっつかまり、

月牙天衝をお見舞いされ「こんなもんで俺を殺せると思う『どかあああああああん』」

 

 

って感じで思いっきり雑魚キャラみたいになってたのが

なぜか死神代行であることが発覚した後急にその態度が豹変。

 

「お前の力を貰ってなければ今頃俺は死んでたところだ!」

 

いやいや(汗

じゃあなんで今までそんなにビビッてたの?と(汗

 

 

おまけに今度は逃げるそぶりすら見せず、

一護&石田と正面から戦い始めるし。

 

 

この豹変っぷりは単行本という形で一気に読むとひたすら不思議。

この460~462話あたりで銀城の役割が変わったのでは?

と思わずにはいられない展開です。

 

 

もしかしたら銀城ってもっと簡単にやられる予定だったのでは?

と思わずにいられないんですが(汗

 

 

そんな銀城さんの本当の目的は最新話でもまだ語られてませんが、

一体どんな目的で動いてるんでしょうねえ?

 

 

ベタに考えると自分を体よく死神代行として

使い倒してくれた死神への復讐?

そのために力を蓄えてるとか。

 

 

でもそれだとハッキリ言ってつまらないですね(汗

何のひねりもないですし。

 

 

そう考えると銀城の狙い、ホントの目的はまたまったく別のところにありそうですが、

これはおそらく銀城の過去が語られない限り分からないってところでしょうか。

 

 

とりあえず、思った以上に死神代行消失編は長引きそう、

っていうのと銀城さんが結構ストーリーに長く関わってきそう

なのは間違いないってところですかね。

 

 

ブリーチ関連商品をお探しならこちらから>>>

 

 

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年12月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:BLEACH(ブリーチ)

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞