ブリーチ 476話 どうやらとっとと終わらせるっぽい(笑

 

ブリーチ476話のあらすじ&感想です。

 

いよいよ卍解した銀城。

虚(ホロウ)の力も宿している銀城の目はかつての

一護のように黒く光る。

 

 

そんな一護と銀城の戦いを遠巻きに見る隊長格たち。

しかし、一護が戦いを始めたところで、役割を果たしたかのように

背を向けるのだった。

 

 

驚くルキア。

しかしルキアに対して白哉が「役割は果たした」と伝える。

そう、隊長格たちは一護の決断を確認しに来たのだ。

 

 

死神代行が現れれば、

遠からず銀城はまた現れ、その死神代行に近づく。

 

 

そのときを見計らい、銀城ともども死神代行を抹殺する・・・

それが当初の死神たちの狙いだった。

しかし、そんな死神たちの考えは一護によって変わっていた。

 

 

だからこそ死神たちは一護に力を取り戻させ、

そして、接近してきた銀城に対してどのような決断をするのか?

 

見届けにきたのだ。

 

 

そして、一期の決断は死神たちが期待したとおりのものだった。

それを見て、後は一護に任せて問題ないと判断したのだ。

 

ルキアも安どの表情を見せる。

 

 

 

 

そして一護と銀城の戦いは佳境へ。

銀城は戦いながら、一護が自分に対して何も言わなくとも、

全てを理解した上で、全てを否定しているのだと悟る。

 

 

そして、一護の刃は銀城を切り裂いた・・・

 

 

 

 

 

で、続く。

 

 

 

 

 

うん、長引くかと思ってた銀城との対決、思ったよりも

早く片付けられてしまいそうですね(笑

 

 

そもそも卍解した銀城の斬魄刀の名前すら登場しないあたり

銀城の出番はもう終わりっぽいです(汗

 

 

最後の最後で、扱いが適当になってきたなぁ・・・

 

 

 

この調子だと銀城過去編とかは封印でしょうか?

どんないきさつがあったかは気になるとこだったんだけど。

 

 

まあなんにしても今のシリーズはイマイチ盛り上がりに欠けるし、

早く次へ言って欲しいってのが本心ですかね~

 

 

このスピードなら、次回あたり即終了!って展開もありえる?

ちょっと楽しみです(笑

 

 

ブリーチ関連商品はこちらから>>>

 

 

 

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年12月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:BLEACH(ブリーチ)

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞