エデンの檻 136話 急展開!アキラたちのいる場所が判明。

【送料無料】エデンの檻(11)

【送料無料】エデンの檻(11)
価格:440円(税込、送料別)

 

エデンの檻 136話の感想&あらすじです。

 

 

錦織と矢頼は2人きりで何かを話していたようだ。

先に一人帰った瀬川は帰ってきた矢頼に何を話したのかを聞く。

 

 

しかし矢頼はそれには答えずに寝てしまった。

 

 

翌日操栖の看護をする矢頼。

そんな矢頼に、操栖はあくまで明るく振舞い、

日本に帰ったら何か料理を作ってあげる、と話す。

 

 

「矢頼くん、きっと一緒に帰りましょうね」

 

 

そういう操栖の表情を見て、何かを言いかける矢頼。

しかし結局何も言わず、その場を離れるのだった。

 

 

そして矢頼は錦織の元へ。

そして意を決した表情でこう言った。

「お前の条件、飲むぜ」と・・・

 

 

 

 

 

場所は変わり、アキラ達は「ミイナの塔」へ向かいながら話し合っていた。

どちらの秘密が驚きが大きいかと。

 

 

そんな時、正剛がアキラに錦織のこと尋ねる。

アキラは錦織がやはりとんでもない奴だったこと。

そして自分を恨んでいるであろうことを話すのだった。

 

 

そ浮こうしているうちにアキラたちは塔へとたどり着く。

そこで眼にしたものは、全て掘り起こされたトラップ。

そして、出土した天使像だった。

 

 

天使像は最終的に4体。

塔の四方を護るように建てられていたようだ。

 

 

そして更に驚きなのは塔本体。

その壁に彫られていたのは・・・

 

 

一つは数字。

そこには緯度と軽度が記載されていたのだ。

 

そして、もうひとつは「JAPAN」という文字。

 

なんと塔には「日本」の文字が・・・!

 

 

どういうことだよ?と尋ねるアキラに真理谷は答える。

「答えはひとつだろう。日本なんだよ、ここは・・・!!」

 

 

 

 

 

・・・で、続く。

 

 

 

 

 

さーて、いよいよ面白くなってきたエデンの檻。

なんとアキラ達は日本にいた!というこの展開はちょっと予想外。

 

 

しかし・・・ちょっと気になるのは

塔にかかれてた井戸と軽度。

「N21度97 E135度13」

 

 

これは調べてみると完全に海の上。

日本のはるか南です。

 

 

しかし、真理谷はここは日本だと言う。

この矛盾は果たして?

 

 

とはいえこれが以前から囁かれてる「未来へタイムスリップ説」

の通りであれば、地殻変動によって陸地がここまで移動してる、

ということも考えられますね。

 

 

もしそうなら相当未来へ飛んだということに・・・

やっぱいよいよ帰るのは不可能な雰囲気です(汗

 

 

しかし・・・

 

 

 

そんなベタな展開で終わっちゃうのでしょうか?

それはちょっと残念な気がしないでもありません。

 

 

ひとつ気になるのは正剛が記憶してた機長の

「急がないと帰れなくなるかもしれない」

という言葉。

 

 

あれは今となって考えると、まるで帰る手段があったかのような話しぶりでした。

もしや変える手段があるのか?

 

 

とはいえ無事現代に戻ってくる、という展開もなんかベタ過ぎなきがしないでもないですが・・・

 

 

はたしてどんな展開が待ってるのか?

今後のエデンの檻からは眼が放せないですね。

 

 

エデンの檻間商品をお探しならこちらから>>>

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年12月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:エデンの檻

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞