ワンピース 649話 古代兵器ポセイドン、登場!

 

ワンピース649話のあらすじ&感想です。

 

 

ホーディーとの戦いも終わり、落ち着きを取り戻す魚人島。

新魚人海族は解散、そしてネプチューンは海賊達に

魚人本島に住んでもらうことにすると伝えた。

 

魚人街は閉鎖されるのだ。

 

 

そんな頃、ジンベエはルフィの誘いを喜びながらも

「今は一緒に行けん」と言うのだった。

 

 

まだやることがあり、そのやることがすめば

一緒に連れて行ってくれ、と・・・

 

 

ジンベエは仲間になることを約束するが、

仲間となるのはまだ先のことのようだ・・・

 

 

そして魚人島では宴が開かれる。

ルフィ達と魚人たちはひと時の宴を楽しむのだった。

 

 

そんな最中、ニコ・ロビンはネプチューンを呼び出していた。

何か話がある様子のロビン。

ネプチューンはふらふらに酔っていたが、ロビンがオハラの

生き残りであること。そして、ロビンの口から出た言葉で真剣な表情となる。

 

 

 

ロビンはネプチューンにこう聞いた。

「ジョイボーイって誰?」と。

 

 

ネプチューンいわく、ジョイボーイは空白の100年に存在した人物だと言う。

 

 

ジョイボーイは当時の人魚姫と約束を交わしたが、

その約束を守れなかったと言うのだ。詳しい内容は伝えられていないが、

そのジョイボーイに代わり、いずれ必ず代わりに約束を果たすものが現れる。

 

 

そして、そのために王族は「ノア」を守っているのだと・・・

 

 

その詳細はハッキリしなかったが、ひとつハッキリしたこと。

ポーネグリフに書かれた内容からロビンが導き出した答え。

ネプチューンの表情を見れば、それが真実であることは間違いないようだった。

 

 

なんと、人魚姫こそが「ポセイドン」なのだと・・・

 

 

 

 

で、続く。

 

 

 

 

 

おお、出ましたポセイドン。

まさか生物だとは・・・(汗

 

そして語られたジョイボーイの話。

あれって結局「D」の一族のことでしょうか。

ジョイボーイはその先祖に当たる人で、その子孫である

Dの一族が、約束を果たすと・・・

 

 

まあ、約束が何なのかがよく分からないですが(汗

どうもそんな感じっぽいですよね。

 

 

そして今回気になったのは、ポセイドンがしらほし姫(人魚姫)だったということ。

しかしそうすると、アラバスタで話題になった古代兵器「プルトン」

これももしかして、生き物だったり、受け継がれたりするものなんでしょうか??

 

 

そういえばロビンはあの時ポーネグリフを解読してたし、

ネフェルタリ・コブラの口ぶりからするとその在り処も分かったみたいでした。

 

 

まさかビビ・・・ってことはないか、さすがに(汗

 

 

しかしこのあたりはストーリーの核心に迫る部分ですし、気になります。

果たして今後の新世界編ではどんな展開が待ってるのかを含め、

楽しみにしたいとこですね。

 

 

 

ジンベエが仲間にならなかったのは残念だけど(汗

 

 

ワンピース関連商品をお探しならこちらから>>>

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年12月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ONEPIECE

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞