ガンダムAGE 11話 ヒロインがユリンで確定したっぽい(笑

 

ガンダムAGE 11話のあらすじ&感想です。

 

ミンスリーへと向かうディーヴァ。

フリットはふと、ユリンのことを思い出すのだった。

 

ラーガンはそんなミンスリーのことについてバルガスと話をしていた。

そして、ウルフはひとり、トレーニングをしている。

そこに現れるミレース。ミレースはこの戦いに不安を感じているようだった。

その不安に共感するウルフ。

 

 

ミンスリーは過去の地球を再現した「最も美しいコロニー」らしい。

 

ミンスリーに到着したグルーデックたちはドン・ボヤージの

旧友バーミングスのもとへ向かう。

 

 

そんな頃、バルガスはAGEシステムを使って

ディーヴァの強化を試みていた。AGEシステムはディーヴァの

強化案をはじき出す。そしてその強化のためにマッドーナがディーヴァへ呼ばれるのだった。

 

 

同じ頃、ストラーがグルーデックを捕獲するため

ミンスリーへと到着する。

 

 

そして、バーミングスの元へ向かう途中、

フリットは見知った人影を発見する。なんと、ユリンがいたのだった。

偶然再会を果たす二人。ユリンはバーミングスに引き取られていたのだ。

 

 

バーミングスはフリットたちへの協力を快諾。

2週間の間でフリットたちはUEとの戦闘の計画を練るのだった。

 

 

その間、ユリンとの時間を楽しむフリット。

フリットはまた会いに来る。そうユリンと約束する。

 

 

 

しかし・・・

 

 

 

準備が整い、出撃するタイミングでグルーデックが連邦軍に捕獲されてしまう!

 

 

あきらめムードが漂うクルー達。

しかし、フリットの言葉でグルーデックを助けると決めるフリットたち。

 

 

グルーデックを救出したことで

あとに戻れなくなったフリットたちはUEとの戦いへと向かう・・・

 

 

 

 

で、続く。

 

 

 

 

とうとう登場しましたユリン。

しかし・・・なんか扱いが結構適当なんですが(汗

 

もっとフリットとの会話とか、詳細に描いてくれても良かったような・・・

 

 

ただ、やっぱりユリンがヒロイン的な存在になってるのは

間違いないっぽいですね。やっぱこの戦いのあと、二人は結ばれるって流れでしょうか。

 

 

そうなるとエミリーはちょっと気の毒ですね(汗

 

 

ま、なんにしてもいよいよフリットの最終決戦が間もなくな感じ。

いまひとつ盛り上がりにかけてるAGEですが、ここで一気に盛り上がるでしょうか?

 

 

楽しみにしたいと思います。

 

 

ガンダムAGE関連商品をお探しならこちらから>>>

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年12月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ガンダムAGE

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞