ハンターハンター 330話先取り2 アルカの能力にまさかの展開が・・・(汗

 

ハンターハンター 330話先取り情報です。

 

どうやらイルミにキルアの情報を流していたのは

キキョウとミルキだった模様。なんとツボネの眼鏡?を経由して

キキョウが居場所を確かめていたのだ(ツボネは知らない)。

 

 

それにより、ついにイルミに追い詰められてしまうキルア。

ツボネもその場に駆けつける。

 

 

ツボネはアルカのおねだりを聞き、

「ナニカ」状態にする。結果的に自分が足を引っ張って

しまったこともあり、アルカの力でイルミを退けるようキルアに促すツボネ。

 

 

なんとここで衝撃の事実が発覚します。

キルアはナニカにツボネの指の怪我を治すよう命令。

 

 

ツボネの指を治し、眠りに落ちるアルカ。

キルアが言うには、ナニカに「治す」お願いをした場合は、

その後のおねだりでも恐ろしいものは来ないのだと。

 

 

つまり、ゴンを治すことでゾルディック家には

影響はなく、何も困ることはないのだという事実が発覚するのです。

 

 

ええええええええええ(汗

 

 

なんでキルア、それを今の今までイルミに言わなかったのでしょう(汗

先に言えばこんな騒ぎにはならなかった気がするんですが・・・

 

 

うーん、しかしアルカをゾルディック家の外に出すためには

そうするしかなかった、ってことでしょうか?

にしてもちょっと釈然としない気が・・・

 

 

というか先に言っておけばゴトーも死なずに済んだし

(死んだと決まったわけじゃないけど汗)

テラデインさんたちハンターの面々も殺されずに済んだのでは・・・と(汗

 

 

 

そして、気になる点がもうひとつ。

 

 

治すことに関しては何も問題なくナニカの力は使える。

もしそれが事実であれば、果たして得意ではない「治す」行為でゴンを

元通りにするというお願いは、ナニカに対しては何の影響も及ぼさないんでしょうか?

 

 

考えてみれば、「治す」お願いに何の制約も無いとなれば、

今後誰の怪我でも治せるようになってしまいます。そんなデタラメな

能力を今後も存在させ続けるのか?

 

 

これはさすがにありえない気がします。

 

 

ということは、ゴンを治したことによってナニカの能力自体が消滅、

何てことも有り得たりして?

 

 

そんなことも思ったりしますが果たしてどうなる?

会長選挙とあわせてこっちもどうなるか楽しみですね。

 

 

ハンターハンター関連商品をお探しならこちらから>>>

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年12月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞