D.Gray-man 211話 生死の気になるあの人は・・・

【送料無料】D.Gray-man ディー・グレイマン 03

【送料無料】D.Gray-man ディー・グレイマン 03
価格:4,253円(税込、送料別)

 

D.Gray-man 211話のあらすじ&感想です。

 

前回ジョニーと神田に発見されてしまったアレン。

ジョニーは再会を喜ぶが、アレンは無表情。

 

そして、隙を突いて逃げ出そうとするが、

見事に神田によって捕らえられてしまうのだった。

 

 

シラを切るアレンに対し、

神田はタオルでピエロのメイクを剥がしにかかる。

そこでようやく神田の名を呼ぶアレン。

 

 

そのやり取りは教団にいるときと変わらない。

 

 

神田はアレンに問いかけるのだった。

「リンクが死んだのは何故だ?」と。

 

 

神田はリンクの死だけがどうにも腑に落ちないと言う。

お前が殺したのか?と・・・

 

 

しかし、その問いかけに驚くアレン。

ジョニーはアレンにリンクが死んだのは

アレンが教団を抜け明日直後だと伝えるのだった。

 

 

その状況から、アレンの頭に浮かぶのはただひとり。

アポクリフォスの存在。

アレンの顔が怒りにゆがむ。

 

 

 

その瞬間、「14番目」の気配を感じたアクマが

再び姿を現すのだった。

 

 

関係ない人たちを巻き込みたくないアレンは

ティムキャンピーを呼び、その場を離れる。

 

 

そんな状況を、人ごみの中から眺める視線があった。

なんと、ノアの「魔眼のワイズリー」。

 

 

移動するアレンの頭の中に、ワイズリーの声が響く。

ノアの覚醒により、声が聞けるようになったのだと

ワイズリーは言う。

 

 

14番目の覚醒の兆候にアレンの顔が苦悶にゆがむ。

ノアたちはアポクリフォスを捕らえる「エサ」としてアレンを

泳がせていた。

 

 

しかし、いずれはイノセンスを切り離し、

ノアになってもらうと・・・・

 

 

はたしてアレンはノアから、

そしてアポクリフォスから逃れられるのか?

 

 

 

 

・・・と言うところで続く。

 

 

 

 

 

またまた登場してきましたね、ノアの方々。

最後にチラッとティキ・ミックも登場。これは

ノア対アポクリフォスの戦いが再び見れるのでしょうかね~

 

 

しかし、最近のDグレはホントに生死不明の人が多すぎる(汗

 

 

今回話題に上ったリンクもそうですし(多分生きてるだろうけど)。

他にもブックマン、ラビ、クロス・マリアン、ロードなどなど・・・

 

 

そのあたりはいつ描かれるのか?

待ち遠しいところです。

 

 

そうした生死不明のキャラがどんな立場で行動するのか?

アレンの味方になるのか?敵になるのか?

気になりますね。

 

 

そもそもアレンがどっちつかずの状態だから余計に展開が読めません(汗

 

 

ですが、だから続きも気になりますね。

次回も楽しみにしたいと思います。

 

 

D.Gray-man関連商品をお探しならこちらから>>>

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年1月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:D.Gray-man

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞