ブリーチ 478話 意外な展開にオドロキ(笑

 

ブリーチ478話のあらすじ&感想です。

 

 

戦いの場を離れたのか、ひとり森の中を歩く月島。

血を吐きながら月島は叫ぶ。

 

「何で死んだ銀城!」

「何でお前は自分が死んだらどうすればいいのか教えてくれなかった」

と。

 

 

そんな月島の前に現れる獅子河原。

その拳は強く握り締められていた。

 

 

「ああ・・そうか、そうだよね・・・」

 

 

何かを悟ったように月島はつぶやく。

そして、意識を失うのだった・・・

 

 

 

場所は変わり、ひとり歩く雪緒。

その雪緒に声をかけた人物、それはなんと死んだと思われたジャッキーだった。

 

 

しかしジャッキーはフルブリングの力を失ったようだ。

フルブリングの力を持ったまま死んだギリコを

うらやむようなセリフを口にするジャッキー。

 

 

そんなジャッキーに雪緒は冷たく当たるが、

去り際に「3年で会社を大きくしてみんなを雇ってやる」

「どうせみんな僕のお金がないと生きられない不適合者なんだから」

そういい残すのだった。

 

 

待ってるよ、と告げるジャッキー。

 

 

 

また場所は変わり、浦原商店。

リルカは治療を受け、一命を取り留めていた。

 

 

その横で寝ていた織姫が「良かった」とつぶやく。

 

織姫の話で、リルカ以外のメンバーが見当たらなかったことを知るリルカ。

しかし、それ以上にリルカが驚いたのは、織姫たちの中から、

月島の記憶がキレイに消えてしまっていることだった。

 

 

何かを悟り、リルカは静かに涙を流す。

 

 

 

 

場面は戻り、森の中。

眼を覚ました月島は、自分が獅子河原に担がれていることに気が付く。

獅子河原は月島と共に行くことを選んだのだ。

 

その事実に、月島は自分がひとりではないことに気が付くのだった・・・

 

 

 

 

で、続く。

 

 

 

 

うーん、これは予想外。

前回の展開だと、完全に銀城過去編が始まると思ってたのに(汗

 

 

ものの見事に月島のことは語られず、

フルブリンガーの面々が登場するとは。

 

ジャッキーが生きてたことにもオドロキ(笑

結局ギリコだけが新だってことですね。気の毒・・・(あ、銀城もか汗)

 

 

そしてなんというか、アランカル編とかよりも

キャラクター一人一人の顛末がちゃんと描かれてる

ところがちょっと釈然としないかも。

 

 

ま、アランカル編は登場人物が多すぎたから

描ききれなかったのかも知れんけど、いまだに平子とか

どうなったのか?気になったままなんですよね。

 

 

まあでも、いよいよこれで死神代行消失編が終われば、

以前の面々の出番も増えるでしょうか?

 

 

そのあたりに期待して次回を楽しみにしたいと思います。

 

 

ブリーチ関連商品をお探しならこちらから>>>

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年1月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:BLEACH(ブリーチ)

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞