ブリーチ 480話先取り予測 最終章で描かれるストーリーとは?

ブリーチ 480話の先取り予測行ってみます。

 

とりあえず新章がブリーチの最終章となることは決定みたいですね。

と入ってもウェコムンド編も30巻近く続きましたし、同じような長編が

描かれるならまだまだ何年も続くことは間違いないでしょうけど(笑

 

 

下手したら10年位続いたりして?

なんだかんだで死神代行消失編ですら1年近くやってたし。

 

 

しかし、今度はもっと盛り上がる話になって欲しいですね!

やっぱ伏線回収されてないところがいろいろありますし、

そのあたりが今度こそあきらかになるでしょう。

 

 

現時点で分かっているのは

「マユリが警戒する『敵』の存在」です。

 

マユリが存在を知っていて、警戒してるとなると気になるのは

ウェコムンド編でザエルアポロと戦った際、マユリは何かを

持ち帰っています。おそらくは2体の遺体。

 

しかしこの正体がなんだったのか?

今のところ全く描かれてないところからも、

今回の話に関連してくる可能性が高そうです。

 

 

正体は・・・

 

 

わからないけど(汗

 

 

 

そして未だ謎なのは一護の父、一心の招待。

そして存在だけが知らされている「零番隊」「霊王」

といったあたりですね。

 

 

一心も、もしや過去に死神代行だったのでは?

とも思いましたが、死神代行消失編において初代死神代行が

銀城であり、どうもそれ以外には存在しないっぽい描写がありまあした。

つまり、一心は死神代行でもない。

 

 

一体何ものなのか?

それも今回の話で明らかにしてほしところです。

 

 

そして「零番隊」と「霊王」ここに関しては

敵になるのか味方になるのかすらわかんないですね~

 

流れ的には「味方」っぽいですが、

ストーリーの展開次第では敵?となるんでしょうか。

 

 

一番ありえそうなのはこの「零番帯」「霊王」絡みでの

ストーリー展開ですね。

 

 

そして他にも気になることとしては、

ウェコムンド編で登場したキャラがまた登場するかどうか?という所。

 

もちろん平小やローズ達は復隊したっぽいから登場するでしょうが、

アランカルの面々はどうなるんでしょう?結局グリムジョーやハリベル、

ネリエルといった当たりは生きてるはずだし。

 

 

ハリベルは小説版で少しその後が描かれましたが、

グリムジョーとネリエルに関しては完全に投げっぱなしだし(汗

 

 

ネルは再登場して欲しいなぁ・・・

 

 

 

そして、次章こそはチャドと織姫に活躍の場があるでしょうか?

結局死神代行消失編でも足でまといになってしまったこの2人。

しまいには石田まで役たたずだし(爆

 

 

今度は頑張って欲しいですね!

 

そしてどんなストーリーが展開するのか?

楽しみにしたいと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年2月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:BLEACH(ブリーチ)

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞