ナルト 573話 いよいよサスケが登場?

ナルト 573話あらすじ&感想です。

 

ついに尾獣達の協力を得たナルト。

そのナルトを前にして、仮面マダラの腕に汗が滴り落ちる。

 

 

忍連合の本部でも、そんなナルトの力を感知していた。

そして、ナルトたちが仮面マダラを押していることを知るのだった。

 

 

シカクはいのいちに、その状況を部隊全員に伝えるよう頼む。

士気を上げるためにと。それがかなりの負担になることが分かりながら、

それでも10秒、いのいちは全員に向け、メッセージを届ける。

 

 

それを聞き、昔からナルトを知る面々の心には

それぞれの思いが浮かぶのだった。

 

 

雨の中、士気を高める面々。

 

 

そんな中、サスケも1人、動き始める・・・

 

 

 

で、続く。

 

 

 

最近ナルトは面白くなってきましたね~

九尾・クラマと協力することになったとこから

かなり展開に注目してます。

 

 

どうも他の尾獣の協力も得たっぽいナルト。

その力は仮面マダラすら警戒するほどのものになったようですね。

 

 

果たしてこのあとどうなるのか?

ハッキリ言って全く読めないですね~

 

 

穢土転生したマダラと五影との戦いも気になりますし、

暗躍するカブトがどう動くのか?

穢土転生すら利用してみせたイタチがどんな役割を果たすのか?

そして、サスケはどうするのか・・・?

 

 

気になるところはいっぱいですね(汗

 

 

 

しかしサスケはナルトと戦うと思ってましたが、

さすがに尾獣たちの力まで手にした状態では、

いくらなんでもサスケも相手じゃなくなってる気もしますが(汗

 

 

それともサスケの写輪眼はそれ以上の力を手に入れてるんでしょうか?

いくらなんでもそれはやりすぎな気が・・・

 

 

あ、そして仮面マダラの正体、未だに明かされませんね。

こっちもいつになったら正体がわかるのやら・・・

 

 

とにかく気になる事が多いナルトの今後の展開には注目、ですね。

 

 

■NARUTO関連人気商品■

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年2月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NARUTO‐ナルト‐

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞