ハンターハンター 30巻は必見!これは予約しかあるまい・・・

絶賛連載中のハンターハンター。

いよいよ30巻が4月4日発売と言うことが決定した模様。

 

予約はこちら>>>HUNTER×HUNTER 30 (ジャンプコミックス)

 

最近は毎週ジャンプの発売日を心待ちにしています(笑

それはやっぱりハンターハンターの展開が気になるからですね♪

 

 

こんな威楽しみなのはいつ以来なのか・・・

 

 

現在本編ではアルカ&会長選挙編が佳境ですが、

30巻ではその前のストーリー、キメラアント編のラストが描かれます。

 

 

ゴンが念の制約により一時的な力を手に入れ、

ピトーを倒すもその大きな代償を背負い、死の淵に立たされ・・・

 

 

そして時を同じくして展開される討伐隊とメルエムとの最後の戦い。

圧倒的な力を見せ、ネテロすら退けてしまう王。しかし、ネテロの身体には

最初から「ミニチュアローズ」と呼ばれる爆弾が仕込まれていた。

 

 

ネテロの心臓が止まると同時に発動する爆弾。

その爆発により、メルエムも品詞の重要を負う。

 

 

しかしプフとユピーによって一命を取りとめ、戦線へと復帰するメルエム。

しかし、爆発の影響かその記憶は混乱していた・・・

 

 

王が戻ってくることに気付くパームたち。

しかし、パームはイカルゴに「もう大丈夫」と意味深な言葉を伝えるのだった・・・

 

 

というところで29巻は終わり。

 

 

 

30巻ではその後、ミニチュアローズに仕組まれた「毒」が、

既にメルエムを蝕んでいることが発覚。

 

 

死の淵に至り、メルエムはコムギのことを思い出す。

そして、自身の命がもう長くないことも・・・

 

 

そんなメルエムが最後に望んだのは、残りの時間を小麦と

軍旗をさして過ごすこと。それ以外には何も望まないと。

 

 

そして最後を迎えるメルエム。

そんな中、コムギの一言に自分が何のために生まれてきたのか?

何度も問いかけた疑問の答えを見つけるのだった・・・

 

 

 

賛否両論あったみたいですが、

ここで描かれるキメラアント編の最後は圧巻。

個人的にはすばらしいの一言に尽きました。

 

 

コンビニで立ち読みしながらしばし呆然。

鳥肌が立ったのを覚えてます。

 

 

どんなラストが描かれるのか?

 

是非コミックでお確かめください。

 

HUNTER×HUNTER 30 (ジャンプコミックス)

 

 

そしてその後描かれるアルカ登場。

これもまた非常に楽しみなのは秘密ですが(笑

 

 

とにかく発売が待ち遠しくてたまりません・・・

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年2月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞