ナルト 574話 再びの邂逅はあるか?サスケとイタチ

ナルト 574話のあらすじ&感想です。

 

牢に閉じ込められたカリンはサスケの写真を見つめ、

まるで気が触れてしまったかのように振舞う。

 

 

しかし、それは演技。

カリンはメガネに仕込んだ刃を使い、何かをしようとしているようだ。

 

 

同じ頃、水月と重吾は大蛇丸のアジトの一つを訪れていた。

その際また暴走してしまう重吾。

水月はそんな重吾を煙たがった。

 

 

しかし、そんな暴走した重吾の攻撃によって崩落した壁の向こうに、

大蛇丸の隠し部屋があったことに気がつく水月。

そして、水月はその隠し部屋で何か重大な発見をしたようだ。

 

 

「これってこの戦争を左右するほどのもんじゃ・・・」

 

そうつぶやく水月。

 

 

 

場所は変わり、サスケ。

サスケの前には複数の白ゼツが立っていた。

 

 

サスケがここにいることに驚く白ゼツたち。

そんな白ゼツをスサノオで攻撃するサスケ。

 

 

そして倒れた一体の白ゼツに写輪眼をかけ、戦況を確かめる。

 

 

そしてナルトを切ることを改めて心に誓うのだった・・・

 

 

その頃、穢土転生によってかりそめの体を手に入れたイタチは

どこかへ向かって移動していた。イタチが向かうのはカブトの元か?

それとも・・・

 

 

 

で、続く。

 

 

 

今回は鷹の面々が描かれてましたね。

どうもサスケ以外は影が薄くなってしまった鷹の面々。

今後出番はあるんでしょうか?

 

 

今回登場させたところを見ると、まだ今後のストーリーの

中で何かしらの役割はこなすことになりそうです。

 

 

サスケに刺されたカリン。

果たして今でもサスケのことを想ってるんでしょうか(汗

 

 

そして注目はサスケとイタチ。

今の狂気へとサスケを走らせたイタチの死。

 

 

二度とありえないイタチとの再会が、

あるいはサスケを木の葉へと引き戻すのでしょうか?

 

 

ま、可能性があるとしたらそこしかないような・・・

というか、現状のナルトと仮面マダラが戦っている状況では、

どうもサスケの出番ではないというか、戦うタイミングでは

ない感じがするんですよね。

 

 

それともイタチと再会後、更に狂ってしまった

サスケとナルトが最終的に激突・・・とかなるんでしょうか。

 

 

ですが、そうすると敢えてイタチを自由に動かせるような状況にした

意味がない気もするし。

 

 

とはいえ、今更サスケが味方になるっていうのも

ずいぶん都合が良いというか・・・(汗

 

 

このあたりはかなり気になる展開ですが、

どうなるのかが全く読めませんね。

ちょっと今後の展開を楽しみにしたいと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年2月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NARUTO‐ナルト‐

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞