エアギア 347話 なぜかいきなり互角になった(笑

エアギア 347話のあらすじ&感想です。

 

空の本当の目的を知り、絶望(?)するイッキ。

自分の中で、「空」という存在が死んでいくのを感じるイッキ。

 

その瞬間、イッキの中で何かが変わる。

刹那、イッキの攻撃が空を襲う。

 

 

その光景をネットを介して観戦する人々は、

イッキが予想以上にいい戦いをしていることに驚く。

 

 

先程まで交わすことができなかった空の攻撃を交わすイッキ。

 

 

シムカはそれを見て、イッキが戦い方を変えたことに気づいたようだ。

同じようにアギトも気付く。イッキは今までのように「目で追う」のではなく、

「空気の動き」で空の動きを見ているのだ。

 

 

それはまさに、空と同じレベルにイッキが到達したことを意味する。

 

 

そんなイッキを見て、不敵に笑う空。

まるでその顔は双子の「ニケ」のような表情に見える。

 

 

いよいよ互角の状態となる二人の戦い。

果たしてどちらが勝つのか・・・?

 

 

 

で、続く。

 

 

 

始まりましたねー、いよいよ。

 

しかし何か唐突に互角の状態になった、って感じです。

いくらなんでもイッキ強くなりすぎ、ってか空が強すぎって感じ(汗

 

 

まあ、空のレガリアを手に入れたから、

と思いきやその前からエアトレックすらまともに

使ってなかったなんてびっくり設定が飛び出した空と、

わずか1話でそこに追いついてしまうイッキ。

 

 

ここはもう、あえて何もいいますまい(汗

話の展開的にはたしかにこの方が盛り上がるのは事実だし。

 

 

ほんとにようやく、互角の状態でバトルスタート、

という感じですね。最初の取り決めで「2人ともレガリアの力は使わない」

という取り決めがあるから、イッキもおそらくレガリアの力は使わず、

純粋にエアトレックのバトルってことになるんでしょう(RUNだけど汗)

 

 

ここからは見どころかもしれないですね。

次回も楽しみです。

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年2月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:エアギア

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞