ナルト 575話 ついに出会ってしまう2人。

ナルト 575話のあらすじ&感想です。

 

戦いの場面はナルト達から五影VSマダラの元へ。

木遁まで操り、五影を圧倒するマダラ。

 

戦いはマダラ優勢な状態になる。

マダラのスサノオの攻撃を受け、気を失ってしまう五影。

オオノキも限界を悟り、気を失ってしまう。

 

 

しかしそんなオオノキが見たのは

在りし日の風景。前土影との若かりし頃のやり取りだった。

 

そして、再び眼を覚ますオオノキ。

限界を悟るのはまだ早いと立ち上がり、

止めを刺そうと放たれたマダラの術を、巨大な

限界剥離の術で消し去って見せるのだった。

 

 

その攻撃は、マダラ自身にもわずかばかりのダメージ(?)を与える。

鎧が消し飛ばされ、上半身左側が露になった状態で立つマダラ。

 

 

その姿を見て驚愕する五影。

その旨には、初代火影の顔が埋め込まれていたのだ・・・

 

 

カブトは笑う。

初代火影を埋めこんだマダラは最強の切り札だと・・・

 

 

 

そのころ、サスケは移動を開始する。

しかし、その直後、いるはずのないものの姿がその視界に入るのだった。

 

 

サスケが見たのはマダラ。

木々を飛び移りながら移動するイタチの姿だった。

 

 

出会ってしまった2人。

果たしてこの出会いは、サスケにどんな影響を与えるのか?

 

 

 

 

・・・で、続く。

 

 

 

 

 

会っちゃいましたね(汗

見事に。

 

 

これはやっぱり、サスケ味方復帰フラグでしょうか?

さすがにイタチ本人に言われれば、サスケも心変わり

するような気がします。

 

 

よくよく考えてみればまず見方になりそうも無かった九尾・クラマ

すら味方になってるし、最近はもうなんでもありのナルトの展開を

考えるに、サスケ改心も十分有り得る気がしてきました。

 

 

ナルトもずっとそんなこと言ってましたし・・・

 

 

うーん、しかしこれだけはいくらなんでもなさそうな・・・

って気がしましたが、でもやっぱりその流れでしょうか。

 

 

ちょうどこのイタチとサスケの邂逅の前に、

何故か唐突に描かれた鷹の面々。

 

 

何か企んでいるっぽいカリン。

そして何か重大な手がかりを見つけたっぽい水月。

 

 

このあたりが結構重要な役割を担ってくるのでは・・・という感じですね。

 

 

果たしてサスケはどうなるのか?

ここは非常に楽しみなところです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年2月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NARUTO‐ナルト‐

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞