ハンターハンター 322話の感想とか。アルカの能力が遂に・・・

【送料無料】「ハンター×ハンター」愛読団

【送料無料】「ハンター×ハンター」愛読団
価格:840円(税込、送料別)

 

ハンターハンター 322話「兄妹」

いよいよ注目のアルカの能力、公開~♪

今回もあらすじから行っちゃいます。

 

シルバと共にゾルディック家の地下?を進むキルア。

その前には厳重にパスワードまでかけられた厚い壁が

立ちふさがる。一枚ではなく複数の壁があり、その厳重さをうかがわせる。

 

何枚もの扉を開き、おそらくはアルカのいる部屋の

扉の前でシルバはキルアに確認の意味を込めアルカの

能力を語りだした・・・

 

 

場所はゾルディック家。

幼いキルアとアルカ、そして執事が庭で遊んでいる。

 

アルカは執事のミツバに「ダッコしてー」

とおねだりするのだった。

 

そのおねだりに「はいはい、いいですよ」

とアルカを抱き上げるミツバ。その後もアルカは

ミツバにたわいもないおねだりをする。

 

「あそこまで登ってー」

「高い高いしてー」

 

そうしておねだりを聞いていると、アルカに異変が・・・

 

突然アルカの目は真っ黒になり、

表情がなくなってしまう。

 

それに驚いたミツバは母に連絡を取る。

そこへやってくるキルア。キルアはこの状況に

驚くことはしなかった。

 

「アルカ!お兄ちゃんを高い高いして」

 

そう言うと、アルカは「あい」と答える。

お願い通り、キルアを高い高いするアルカ。

なんと、それが済むとアルカの表情は何事もなかった

かのように元通りになるのだった。

 

 

この話を聞いたシルバと母。

キルアにアルカのことを聞くと、キルアは

そのアルカの変化を良く知っているようだった。

 

 

キルアいわく、

「『お願い』をひとつ聞いてやるから白くなる」

「変わりに3つ『おねだり』聞けば黒くなる」

これがアルカの変化の流れ。

 

 

シルバと母はこの変化を起こさせないためにか、

執事に「アルカのおねだりをしばらく断るように」

と伝えるのだった。

 

 

しかし、そこでまた事態は恐ろしい方向へ。

アルカのお願いを断わったミツバが何もない空間で

押しつぶされるようになって死んだのだ。

ミンチ状態になって・・・

 

そして事態はそれだけでなく、

同時に執事の館内でも執事のハサムが同様に

突然ミンチ状態になって死亡していたのだった。

 

 

事態に困惑するゾルディック家。

その話を聞いたキルアが

「アルカのおねだりを4回も断ったからだよ!」

そういうのだった。

 

 

時を同じくして、表情の変化したアルカに

ひとりの執事がお願いをしてしまう。

 

おねだりの内容は

「私を億万長者にしてくださいますか・・・?」

だった。

 

一見不可能に思えるお願い。

しかしその直後、空から大量の札束が降ってくたのだった・・・

 

この事態を見てイルミも「偶然とは思えない」そう考える。

そして、ある実験を試みた。

 

ひとりの「何か事情がありそうな」執事をアルカにつけ、

「アルカの『おねだり』を聞くのがミッションだ」

と伝える。

おねだりを聞くことができれば、

お前と恋人の両方を見逃してやると言って立ち去るイルミ。

 

 

しかし、億万長者にするという大きな「お願い」

を叶えたアルカの「おねだり」は常軌を逸したものだった。

 

 

「ねえカスガ、肝臓ちょうだい」

「十二指腸ちょうだい」

「背骨ちょうだい」

「じゃーカスガ、脳みそちょうだい」

 

当然この「おねだり」を受け入れられなかった執事は・・・

 

 

この実験においてアルカの能力は判明する。

つまりアルカの能力は「おねだり」と「お願い」

 

アルカのおねだりを3つ叶えると

お願いをひとつ聞いてくれるのだ。

 

おそらくそのお願いには限界はなく、

なんでも叶えることが可能。

 

ただし、お願いの度合いが高ければ高いほど、

その後の「おねだり」は大きなものになる。(つまり等価交換)

 

しかも厄介なのは、このお願いの尻拭いは

お願いをした本人ではなく、その次にお願いをする「誰か」

がやらなければならないのだ。

 

そのアルカの「おねだり」を断ると、

「断ったもの」と「その者がもっとも愛している者」

つまり最低でも2人の人間が同時に死亡する。

 

そして願いが大きければ大きいほど、死亡する人間が増える

という恐ろしいものだった。

 

億万長者という願いを叶えた時。

確認できるだけでも67人が死んでいた。

 

その能力でゴンを助けるべく、アルカの前に立つキルア。

果たしてキルアはその能力でゴンを助けることができるのか・・・

 

 

 

 

・・・とまあこんな感じで。

 

 

来たあああああ!アルカの能力。

これはまた後から取ってつけたような・・・とは思ったけど

たしかに恐ろしいうえにこれならたしかにゴンを助けることも可能ですね。

 

っていってもアルカという存在自体は前からあったし、

この展開は織り込み済みのものだったのかな?

だとしたらよく考えてるなぁ・・・

 

今回の話で気になった点といえば、

アルカは執事たちの前ではおねだりはするけど、

家族の前ではおねだりをしないというところ。

 

これってなぜ??

アルカ自身が大事な人の前ではおねだりはしないってこと??

 

これは今回引っかかったなぁ・・・

 

そしてもう一つはタイトルの「兄妹」

これだけ見ると、アルカはやっぱり妹?とも思うんだけど

執事は「坊っちゃま」っていってるし・・・

男なのか?女なのか?これも非常に気になるんですが(汗

 

あ、でもキルアが「妹」って言ってるから女で決まり?

 

とりあえず最後に出てきたアルカはキャラ的にはかなり可愛いってこと(笑

やるな冨樫(笑

 

果たしてキルアはアルカの能力でゴンを救うことができるのか?

とりあえずその前に馬鹿兄ミルキのお願いを叶えた分のおねだりを

叶えなくてはならないってのが次回の話になるっぽい。

 

「最新のPCが欲しい」なんてアホすぎるお願いを

敢えてアルカにする辺がほんとにバカっぽいんですが(笑

 

とはいえその願いに対する「おねだり」でアルカの能力の恐ろしさが

次回は見れるのかも・・・ってかんじですね。

 

次回も楽しみです♪

 

 

ハンターハンターのグッズをお探しならこちら>>>

 

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

トラックバック

コメント

  1. 暇人 より:

    ゼノじゃなくシルバでわ?


このページの先頭へ

日本アカデミー賞