ブリーチ 483話 これは完全にあの流れですね・・・(汗

ブリーチ 483話あらすじ&感想です。

 

 

「宣戦布告」にやって来た白装束の集団。

やすやすとここまで侵入してきた白装束を前にしても、

総隊長は落ち着いている。

 

しかし、そんな山本総隊長を前にして、

白装束の集団も余裕があるように見える。

 

 

その頃、現世ではイーバーンと一護の戦いが始まっていた。

クインシークロスを取り出し、巨大な「弓」を出現させたイーバーン。

 

 

その武器についた突起から、何かが一護に向け放たれる。

しかし、その攻撃を斬月で弾く一護。

 

 

その一護の頭には、様々な思考が浮かぶ。

明らかに石田と同じクインシークロスをもっていること。

そして、アランカルらしき仮面。

 

 

こいつは果たしてなにものなのか?

 

 

そんな一護に対し、更に攻撃を加えるイーバーン。

イーバーンは一護に卍解を要求するのだった。

 

 

あえてその誘いに乗る一護。

そして、卍解を口にする。

 

 

それを見て、不気味な表情を見せるイーバーン。

黒崎一護、お前の卍解はこれが最後だ・・・・!

 

 

そして、何かの術を仕掛けるイーバーン。

直後、一護にその術が襲いかかる。

フルブリングによる装甲が吹き飛ばされ、叫ぶ一護。

 

 

しかしその直後、一護はその術を破り、

イーバーンに向けて月牙天衝を放つのだった。

 

 

こは完全に予想外だったイーバーン。

「ばかな!不可能だ・・・!」

 

 

 

 

 

そして、場面はソウルソサエティへ戻る。

退治する山本総隊長と白装束の集団。

そこへ、突如巨大な「槍」に撃ち抜かれた一番隊副隊長、雀部 長次郎

が吹き飛ばされてくる。

 

雀部は血まみの状態だった。

 

 

白装束は続ける。

5日後、ソウルソサエティは滅びると・・・

 

 

 

で、続く。

 

 

 

うーん、完全にこの流れは映画でしょ(笑

漫画原作の流れじゃない(汗

 

 

いきなり現れた白装束の集団、まだ目的ははっきりしませんが

ソウルソサエティを滅ぼしたい模様。

 

イーバーンは仲間なんですかねー?

何か違う気もしますが・・・

 

 

なにやら卍解の力を手に入れたいっぽいイーバーン。

こっちの目的も気になるところです。

 

 

なんにしても、今回の展開はホントにアニメっぽい。

これで総隊長がいきなりやられる、または誘拐・封印みたいになると

完全にアニメ展開だと思います(笑

 

 

果たしてどうな流れになって行くんでしょうね?

 

 

そう言いながらやっぱり次回も気になってしまいます笑

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年3月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:BLEACH(ブリーチ)

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞