ナルト 577話 イタチとカブト対面、そしてサスケは・・・

ナルト 577話の先取り情報などなど。

 

マダラと退治する綱手。

綱手の額の紋章が今まで見たことの無い模様へと変化する。

 

そして、マダラへと攻撃を仕掛ける綱手。

 

マダラはその攻撃をスサノオで防御するが、

綱手の攻撃はスサノオにすらダメージを与える。

 

すぐさま火遁で反撃に移るマダラ。

しかし、それを水影の水遁が相殺。

そしてその水遁の中を移動して雷影と土影が攻撃を仕掛ける。

雷影の攻撃はスサノオに阻まれるが、その隙に再度攻撃を仕掛ける綱手。

 

 

放った蹴りはスサノオを打ち砕くのだった。

 

 

更なる攻撃でマダラの上半身を吹き飛ばす綱手。

その瞬間を見逃さず、我愛羅が砂でマダラを閉じ込めるのだった。

 

 

「よし!」

そう叫ぶ綱手。しかし・・・

 

 

 

その次の瞬間、地面から生えた木遁によって綱手は串刺しにされてしまう・・・

 

 

 

 

その頃、別の場所でイタチを追うサスケ。

イタチは幻術でサスケを撒こうとする。

「お前はここに残れ・・・」と。

 

 

そして、いよいよカブトの元へたどり着くイタチ。

そんなイタチを見てカブトは不適に笑う。

 

 

そして、そんなカブトを前にするイタチの背後には、

サスケの姿があった・・・

 

 

 

 

で、続く。

 

やっぱり来てしまいましたねー

イタチ&サスケ。カブトと対面です。

 

 

これはやっぱりここの所予想してる通り、

サスケ復帰の伏線と見ていいでしょうか。

 

当然イタチはカブトを倒そうとするでしょう。

その時、はたしてサスケはどう行動するのか?

 

 

そしていまだ到着しない「鷹」の面々。

おそらくはここに関わってくると思われる重吾・水月・カリンの3人。

 

 

特に水月が見つけた大蛇丸の研究とは何だったのか?

そのあたりも含め、今後の展開が楽しみですね。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年3月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NARUTO‐ナルト‐

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞