ハンターハンター 339話 なんか最終回みたい(笑

ハンターハンター 339話あらすじ&感想です。

 

世界樹の頂上で、話をするジンとゴン。

ゴンはカイトから預かっていたジンのハンターライセンスをジンへ渡す。

 

そして夜通し話明かす2人。

ゴンにとって生まれて初めての、父親との二人の時間だ。

 

 

そして、少し時間は経ち、

ミトの元へハガキが届く。

ハガキはゴンからだった。

ハガキを見て、遠く空を見上げるミト。

 

 

ノヴはモラウに札束を差し出す。

キメラアント討伐の際にした、モラウとの掛けの金だった。

 

モラウはその金と自分の賭け金を合わせ、

いかにも高級そうなワインを注文する。

二人はそのワインをネテロの写真の前に供え、乾杯するのだった。

 

 

 

ゴンはカイトの元に戻り、

仲間たちと共に野鳥の群れを見上げていた。

 

 

その映像は、そこにはいない仲間たちのPCへと送られる。

 

 

シュートの病室にはナックル、パーム、

メレオロン、イカルゴがいた。ゴンかとどいたその映像を眺めている。

 

 

別の場所ではレオリオが。

そしてキルアとアルカがその映像を見ていた。

 

 

そして、レオリオはどこかに電話をかける。

 

 

場所は変わり、おそらくはレオリオの電話の相手、

クラピカはひとり、黒い服に身を包み、佇んでいた。

手の中では携帯がなっている。

 

 

クラピカの目の前には祭壇があった。

備えられた花。そしてそこにあるの緋の眼が入っていると思しき瓶が並ぶ。

クラピカは仲間の目を取り戻したのかもしれない。

 

 

場所は変わり、ゾルディック家。

カナリアとアマネは墓に花を供えていた。

墓はゴトーのもののようだ。

 

 

そんな二人の後ろから、不意にゴトーが姿を現す。

それを見て驚くアマネ。しかし、それは変装したキリコだった。

キルアを悲しませないためのカナリアの配慮なのかもしれない。

 

 

そして、東ゴルドーの主を失った城の中。

誰もいない地下で、メルエムとコムギは手をつなぎ、静かに眠るのだった・・・

 

 

 

 

で、続く。

 

 

 

うん、完全に最終回みたいなノリです(笑

けど、次回からは完全に新展開ってことですね。

 

 

キメラアント編、アルカ・会長選挙編ってだけでなく、

ハンターハンター開始当初からのゴンの目的だった

ジンとの再開も果たされ、完全に新たな展開へ、ということですね。

 

 

すごい。全く読めない(笑

 

 

最後にようやく登場したクラピカですが、

やはり緋の眼を探し続けてるみたいですね。

ってか全て取り返したのかな?

 

 

もしかすると旅団に追われてるんじゃないかと思ったけど、

そんな感じには描かれてなかったですね。わからないけど。

 

次章で登場してくれたら面白いですね。

 

 

 

果たして新章ではどんな展開が待っているのか?

楽しみにしたいと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年3月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞