ガンダムAGE 26話 ウルフ&デシルまさかの・・・

ガンダムAGE 26話のあらすじ&感想です。

 

コロニー「ノートラム」への総攻撃を開始するヴェイガン。

その狙いはノートラムを地球攻撃の拠点とすることだった。

 

ディーヴァを旗艦として防衛にあたる連邦軍。

フリットもディーヴァへと乗り込んでいた。

 

出撃するウルフ隊。

アセムもウルフの言葉によってXラウンダーへのこだわりを捨て、

気持ちを新たに出撃する。

 

 

連邦軍は秘密裏に開発した兵器によって

ヴェイガンの旗艦を落とす狙い。

しかし、ヴェイガン側にはその攻撃への備えがあり、

攻撃は防がれてしまう。

 

 

そんな中ゼハートから後方支援を言い渡されていたデシルはその命令を無視。

前線へと出てきていた。

 

そんなデシルと相対するウルフ隊。

ウルフとアセムの二人を相手に戦うデシル。

 

デシルは戦いの真下、マジシャンズ8の

機体2機をXラウンダーの力で操り始める。

まるで過去のユリンのように・・・

 

 

デシルへ攻撃を仕掛けるアセムのAGE-2を左右から捉えるマジシャンズ8の2機。

完全に動きを封じられたアセムに迫るデシル。

 

その瞬間、ウルフの攻撃がアセムを捉えた2機を撃墜。

その場所からアセムを救い出すのだった。

 

 

しかし・・・

 

 

その直後、デシルの刃はGバウンサーを貫くのだった・・・

 

 

 

叫ぶアセム。

ウルフは生きていたが、この傷では助からないと口にする。

そして、アセムに「お前はそれでいいんだ」という言葉を残し、

爆発の中に消えるウルフ。

 

 

デイーヴァにいたフリットのもとにもウルフが撃墜された報が届く。

怒りをあらわにするフリット。

 

 

そして、それはアセムも同じだった。

凄まじい怒りでデシルに迫るアセム。

その動きはデシルのXラウンダーの力をもってしても追いきれない。

 

 

「なぜXラウンダーでもない奴が・・・!」

 

 

そう叫ぶデシルの乗ったクロノスは手を切り飛ばされ、

足を切り飛ばされ、八つ裂きになって撃墜される。

最後まで「何故だ」と叫び続け、デシルは消えた。

 

 

その頃、フリットはヴェイガンの狙いに気づく。

ミレースにディーヴァを任せ、出撃するフリット。

果たしてその狙いは・・・

 

 

そして、涙を浮かべ、しばし呆然とするアセム。

戦いは佳境へ・・・

 

 

 

というところで続く。

 

 

 

 

アセム編、いつのまにやらもう佳境なんですね(汗

この感じだとあと1~2話で終了でしょうか。

なにやらキオ編の話もちらほら聞きますし。

 

 

しかし、まさかウルフが死ぬとは・・・

それもまた、デシルによってというのはなんとも言えないですね。

ウルフには生きてて欲しかったなぁ・・・

 

 

結局デシルはフリットと戦うこともないまま、

やられるという結果に。どこで間違えたんだか

完全に小物キャラ炸裂で終わっちゃいましたね(汗

 

 

ここからはおそらく(覚醒した?)アセムのゼハートの戦いが

描かれることになるんでしょうね。果たしてこの二人はどうなるんでしょう?

やっぱゼハートはやられちゃうんでしょうか。

 

 

そして、アセム編のラストは一体どんな展開になるのか?

次回が楽しみです。

 

 

 

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年4月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ガンダムAGE

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞