エデンの檻 152話 真美の見た未来が現実に。

エデンの檻 152話のあらすじ&感想です。

 

ミイナをキメラの体内から救い出すべく、

矢頼の作戦を決行するアキラたち。

 

キメラはアキラたちが足元にいいることに気づかず、

おびき寄せるために炊かれた炎に向かって歩を進める。

そして、キメラの腹部が目前に迫った瞬間、アキラたちは一斉に

攻撃を開始した。

 

 

手に手に武器を持ち、キメラの腹部に攻撃をするアキラたち。

木の槍がキメラの腹部に次々と突き刺さる。

しかし・・・

 

 

そんな状況にも関わらず、キメラはその長い舌を使って反撃を始めた。

エイケン始め数名のメンバーが攻撃によって吹き飛ばされる。

しかし、攻撃の手は緩めないアキラたち。キメラの表情は苦悶に歪んでいた。

キメラも必死に抵抗しているのだ。

 

 

同じ頃、トラップの底では別のキメラと有田が対峙していた。

キメラの敏捷な動きに翻弄される有田。

 

 

雪とハデスが見守る中、再びキメラが有田に襲いかかる。

有田はそんなキメラの攻撃をよけようともせず、正面から迎え撃つのだった。

吹き飛ばされながらも有田の攻撃はキメラの左目を潰していた。

果たしてその傷は有田にとってどれほどのメリットとなるのか・・・?

 

 

 

そして、地上ではアキラたちの攻撃を受け続けたキメラが力尽き、

地面に横たわっていた。アキラたちの作戦が勝ったのだ。

 

 

それを見て、歩み寄ってくる大森。

しかしその瞬間、真美が「逃げて!」と叫ぶ。

 

 

真美が叫んだ瞬間、力尽きたと思われていたキメラが

口を開け、大森を飲み込もうとしたのだ・・・!

 

 

動けない大森。

しかし、その瞬間。

 

 

アキラと矢頼の攻撃がキメラの頭部を粉砕するのだった。

今度こそピクリとも動かなくなったキメラ。

ようやく戦いは終わる。

 

 

真美が見たアキラと矢頼が戦っているように見えたビジョン。

それは二人がキメラに攻撃をする瞬間のものだったのだ。

 

真美はアキラと矢頼がふたたぶ仲間に戻ったことを確信するのだった。

 

 

そしてアキラたちはミイナを助けるべくキメラの腹を切り裂く。

切り裂いたキメラの腹の中から出てきた物体、それは一体・・・

 

 

 

で、続く。

 

 

 

とうとうキメラぶっ倒しちゃいましたねー

そして、真美が過去に見ていたアキラと矢頼の殺し合いのビジョン。

その真相がようやく明かされました。

 

 

まあ、意外といえば意外。

こういうシーンだったとはね。

 

 

しかし、今までの真美のビジョンって「誰かが死ぬ瞬間」

というのが多かった気がするのですが、今回はちょっと違う感じですね。

キメラが死ぬ瞬間、ではありましたが(汗

 

 

何はともあれ気になるのはミイナの安否ですね。

切り裂いた腹の中から出てきた黒い物体。

それに驚いたアキラたち、というところでおわりましたが、

普通に考えたらあれって胃袋とかですかね?

 

 

まさか半分消化されたミイナとかだったらえらいことですよね(汗

少年誌でそれをやってはまずい気がします(汗

 

 

普通にかんがえれば無事にミイナ生還、という流れですが、

たまーにあっけなく主要キャラが死んだりすることがあるので

そこはちょっと気になります。

 

 

果たしてミイナは無事なのか?

そしてトラップの底で戦う有田はキメラに勝てるのか?

次回が気になるところですね。

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年5月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:エデンの檻

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞