ガンダムAGE 33話 キオの能力がデタラメ過ぎる(笑

ガンダムAGE 33話あらすじ&感想です。

 

戦場となったロストロウラン。

出撃するゼハートのもとには、フラム・ナラが着任する。

フラム・ナラはゼハートと何か因縁がある模様。

 

ゼハートはロストロウラン侵攻に当たり、

プラズマ粒子爆弾による爆破を企てていた。

基地内に侵入したウロッゾの体内に爆弾を仕込むという戦略。

 

しかし、ゼハートはその作戦に一抹の疑問を覚える。

イゼルカントはいつもそうして「逃げ道」を用意した作戦を自分に与えている

ように感じられると・・・

 

しかし、その疑問より、忠誠を取り、作戦を決行するゼハート。

 

その戦場で、キオとゼハートは退治する。

ガンダムとの因縁を感じるゼハート。

 

AGE-3フォートレスはゼハートにウロッゾの両腕を破壊するまでに

おいつめるが、作戦の決行を優先したゼハートが退却し、決着はつかないままとなる。

 

連邦軍も、ヴェイガンの不穏な動きを察知し、

基地内に爆弾が設置されていることに気付く。

そして、MS各機には爆弾の発見が命じられた。

 

仕掛けられた爆弾を発見していくMS。しかし、最後の一つが見つからない。

 

そんな時、キオのXラウンダーとしての能力が発揮され、

キオは最後の爆弾を発見するのだった。

 

爆発直前、キオのAGE-3フォートレスによって爆弾は基地外へ運び出され、

ロストロウランは壊滅の危機を回避するのだった・・・

 

 

・・・で、続く。

 

 

いやあ、Xラウンダーの能力完全にでたらめですね(笑

爆弾を発見しちゃったりとか(笑

 

まあ、そうした能力も含め、キオのXラウンダーとしての資質が非常に高いってことなんでしょうね。

 

そして今回登場したフラム・ナラ。

主題歌の中でもゼハートの背後に登場する姿が描かれてましたが、

いよいよ登場。どうもセリフからするとアセム編のマジシャンズ8の隊長、

ドール・フロストの妹?なんでしょうか。

 

主題歌で見かけた瞬間はありえないと思いながら実は

ユリンだったりしたら面白いんじゃないかなぁ・・・なんて思ったりしたんですが・・・

 

ここでヴェイガンを心底恨むきっかけとなったユリンの死、

という部分がひっくり返り、ユリンとフリットが再び出会う・・・なんて展開を少し

期待しちゃったんですがそれはなさそうですね(笑

 

このフラム・ナラがどんな形で今後のストーリーに関わっていくのか?

これは結構気になるところです。

シャナルアさんみたいに適当に扱って欲しくはないなぁ・・・という感じなのですが(汗

 

そんな点も含め、次回が楽しみ。

次回はいよいよ噂の宇宙海賊ビシディアン、

そして海賊ガンダムの登場ですね!

 

 

うーん、気になる・・・

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年6月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ガンダムAGE

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞