AKB49 89話 いい仕事してますね(笑

AKB49 89話 あらすじ&感想です。

 

&Jの紹介で登場する筈のゲコク孃。

しかし、聞こえたのは声だけで、その姿はステージのどこにもない。

 

しかし、声はステージの上。

声のぬしは&Jと一緒に踊っていた着ぐるみから聞こえていた。

 

まさか?

 

と思った瞬間、

着ぐるみの中から姿を現すゲコク孃の3人。

なんと3人は最初からステージにいたのだった。

 

「こいつら・・・!」

と青くなるMAYA。

 

 

開演前に廊下で聞こえた声。

それはバックダンサーをのせた車が渋滞にはまり、間に合わなくなった

という話だったのだ。

 

その話を聞き、かわりに自分たちが踊ることを申し出たゲコク孃。

こうしてゲコク孃はこれ以上ない演出の登場を手に入れた。

 

 

「なんなんだ・・・さっきのは・・・」

驚きの表情を見せるラージヘッドレコード社長。

 

社長は隣に座る妃会長を睨みつける。

しかし会長はそんな視線などどこ吹く風といった様子。

 

舞台裏ではMAYAもゲコク孃をバックダンサーに選んだことに

凄まじい勢いで文句を言っていた。

 

その後ろで次の曲の打ち合わせをしようと口にする&Jの残り2人。

しかしそんな2人の意見など全く行く気のないMAYA。

 

 

「3000円のショーガールに負けてたまるか!!」

 

そんな想いを胸に2曲目を披露するMAYA。

そのキレはいつになく鋭い。

 

そんな&Jの2曲目が終わり、再びゲコク孃の出番が回ってくる。

そこでステージには明らかな変化が現れていた。

 

1曲目の際には聞こえたブーイング。

それが今度は一切なくなっているのだ。

 

そんな中、2曲目のタイトルを伝えるゲコク孃の3人。

「聞いてください。ゲコク孃で、譲らないツインテール」

 

 

その瞬間、異変に気づく3人。

 

 

なんと、吉永と岡部のマイクが入っていない・・・!

 

犯人はラージヘッドレコード社長。

音響を勝手に操作し、マイクの電源を落としたのだ。

「調子の乗ったガキにお級を据えるだけだ・・・」

そう口にして。

 

さすがに青くなるゲコク孃の3人。

 

 

その頃、ステージに1人の入場者が。

スタッフも驚くその入場者は、前田敦子だった・・・

 

 

 

で、続く。

 

 

 

いやーいいですね。

「こいつら・・・・!」

とか完全に小物ぶり前回じゃないですかMAYA(笑

 

毎回毎回いい表情で楽しませてくれます。

 

しかし事態はまたヤバい方向へと向かってますねー

この状況を果たしてあっちゃんは打開できるのか?

 

普通に考えたらどう考えても無理ですが(汗

 

どうなるのか次回が気になるところですね。

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年6月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:AKB49

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞