ガンダムAGE 38話 またしてもあっけなく・・・

ガンダムAGE 38話のあらすじ&感想です。

 

ヴェイガン最大のコロニー「セカンドムーン」近くの宙域へと

やってきた宇宙海賊ビシディアン。アセムたちはヴェイガンの

技術を転用し、気づかれることなくセカンドムーンへ接近していた。

 

キオを救出するため、ダークハウンで出撃するアセム。

 

その頃、セカンドムーン内部では捕獲されたAGE-3の分析が進められ、

新たなヴェイガンのガンダムが生み出されようとしていた。

 

しかし、ヴェイガンの技術をもってしても解析できないAGEデバイスの

存在が分析を進めることを難しくしていたのだった。

 

そこでイゼルカントはキオに直接交渉し、

キオの生体データを分析させてくれるよう交渉する。

AGEデバイスを分析するために。

 

最初は反発をするキオだったが、

その頭に浮かんだのはルゥの姿。

キオはルゥの症状の進行を遅らせる薬をもらうことを条件に、生体データ

の提供を承諾する。

 

薬を持ち、ディーンとルゥのもとへ向かうキオ。

ルゥはキオの薬の効果か、少し元気を取り戻した。

 

もう来ないでほしい、といったことを詫びるディーン。

その後キオは毎日のようにルゥのもとへ通うのだった。

 

ルゥがいつか行きたかったというとある丘へと出かけていくキオ。

ディーンもついていき、ヴェイガンの町が見渡せる丘の上へとやってきた3人。

 

「きれい・・」

「夢がかなったな・・・」

 

そう言うルゥ。

しかし、キオの目に映ったのはただただ広がる白いだけの世界。

キオの心にはどんな思いが広がったのか、その顔には笑みはなかった。

 

そんな頃、セカンドムーン内へと侵入を開始するビシディアン。

セカンドムーン内にもMSが配置された。

 

しかし、そんなMSをものともせず、

一直線にキオのもとへと向かうアセム。

そして、アセムはキオの救出に成功する。

 

そのままキオをAGE-3に元へ運び、セカンドムーンを脱出しようとするアセム。

しかし、キオは「やることがあるんだ」と街へと飛んで行ってしまうのだった。

キオの手には、ルゥのための薬があった。

 

しかし、ルゥの家でアセムが見たものは、

笑みを浮かべながら息を引き取ったルゥと、

それを見つけるディーンの姿。

 

「最後まで笑ってた」

 

そう言ってルゥの日記をキオに渡すディーン。

その日記には「未来」が描かれていた。

けしてあることのない、キオとの共に過ごす日々が。

 

キオはディーンと別れ、セカンドムーンを脱出する。

涙に濡れたキオの心には、果たしてどんな思いが浮かんでいるのか・・・

 

アセムの乗るダークハウンドとともにセカンドムーンを脱出するキオ。

 

しかし、そんな二人の前に、一機のガンダムらしき機体が立ちはだかるのだった・・・・

 

 

で、続く。

 

 

うーん、またしても簡単にキャラが死んでしまいました(汗

ルゥ・・・最初から死亡フラグ立ちまくりでしたがいくらなんでも早すぎかと・・・

 

ユリンの時もそうでしたがほんとこういうところで容赦ないですね(汗

 

しかし、ダークハウンドの見せ場があったり

レギルスもいよいよ登場したりと話のほうは盛り上がってきたっぽいですね。

 

というかホント久々にアセムは活躍の場を得られたような気が(笑

しかしビシディアン万能すぎですねー

セカンドムーンに見事に侵入してみせた上にまったく損害も被らず脱出とか。

 

ハッキリ言ってヴェイガン倒せちゃうのでは?(笑

 

なんにしても次回はいよいよ動くレギルスが見れそうなので

そこが楽しみですね。

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年7月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ガンダムAGE

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞