ワンピース 672話 誰?この人(汗

ワンピース 672話のあらすじ&感想です。

 

ローの目に現れた謎の男。

名前は「ヴィルゴ」と言うらしい。

 

「我々はシーザーを信用していない」と口にするヴィルゴ。

他にも仲間がいるような口ぶり。そして、モネもヴィルゴ達が

送り込んだらしいことが分かる。

 

ローの企にも気づいているらしいヴィルゴ。

ローはそんなヴィルゴに「なら消えてもらうしかねぇな!」と剣を構える。

 

しかし、ヴィルゴの能力か、

ローはまた突然苦しみだし、剣を落としてしまう。

 

そしてローは一撃で倒されてしまうのだった・・・

 

 

場所が変わり、シーザーの前にはルフィだけでく

ロビン・フランキー、そしてたしぎやスモーカーも倒れていた。

シーザーは部下に命じ、全員捕らえておくよう伝える。

 

同じ頃、侍の身体を探しに湖に潜ったサンジは

最後の「胴体」を発見していた。サメに噛み付かれているところを

間一髪救出するサンジ。

(ここでサンジも「見聞色」を使えることが描かれている)

 

胴体を持って湖上を目指すサンジ。

スライムの毒が広がる中を「海歩行(ブルーウォーク)」で駆け抜け、

サンジは無事に湖を抜け出した。

 

ようやく身体が戻り、サンジたちに礼をする侍「錦えもん」

しかし、そんな面々をスライムが囲み、サンジたちは逃げ場を失ってしまう。

 

そんな窮地を脱するために刀を抜く錦えもん。

「狐火流」と言われる剣で、錦えもんはスライムを一撃で吹き飛ばすのだった。

 

「モモの助」を助けに研究所へと向かう錦えもん。

そんな錦えもんの剣に興味をもったのか、ゾロも付いていくと伝えるのだった。

 

 

・・・で続く。

 

 

謎の男・・・

完全に謎のままですね(汗

誰?ヴィルゴって・・・

 

しかし、なにやらローの企みにも気づいてるようですし、

その企みを良く思ってない雰囲気。ということは、四皇の

誰かの部下にあたるんでしょうか?

 

とりあえず正体がわかるのはまだ後になりそうですね。

 

そしていよいよ身体が戻った錦えもん。

結構強いじゃん(笑

 

もしかしたらシーザーとの戦いでも鍵になる存在ですかね?

シーザーも何かよくわからない能力を持ってるみたいですし。

 

まだ結末が見えないパンクハザード編ですが、

果たしてどんな展開になるんでしょう。

 

続きが気になるところです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年7月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ONEPIECE

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞