ガンダムAGE 40話 AGE-FX登場はいいのだけど・・・

ガンダムAGE 40話あらすじ&感想です。

 

セカンドムーン脱出から1ヶ月後。

キオは新たなガンダムAGE-FXに乗り、

ルナベース奪還のため、ディーヴァを出撃するのだった。

 

「自分の戦いをする」

そう口にして・・・

 

キオ救出から1ヶ月の間、

ロマリーとアセムは13年ぶりの再開を果たす。

そしてキオとアセムもしっかりとした形で再会を果たすのだった。

 

ロディたちはガンダムAGE-3を修復するのではなく、

新たなガンダムへと生まれ変わらせることを考えていた。

 

そして13年ぶりに再会し、話しをするアセムとフリット。

アセムが宇宙海賊になった理由。

それはヴェイガンと地球の大規模戦争を避けること。

 

その考えに同意できないフリット。

しかしアセムは自分の考えを曲げるつもりはないようだ。

 

アセムは再びビシディアンの母艦へと戻って行くのだった。

「また会えるさ」とキオに伝えて・・・

 

同じ頃、アルグレアス指導の元、

ルナベースの奪還作戦が伝えられ、

ディーヴァもその作戦へと参加することとなる。

 

新たなガンダムと共に戦場へ戻ったキオ。

そんなキオが決めたこと。それは「敵を殺さない」戦い方だった。

 

AGE-FXに搭載されたCファンネルを使用し、

ヴェイガンのMSの首を次々と撥ねていくキオ。

 

そんな戦いの場にビシディアンも駆けつける。

 

ルナベースにはゼハートも滞在しており、

その動きを見ていた。アセムとの決着もここで付けると心に誓いながら。

 

また同じ頃、セカンドムーンではイゼルカントが

苦しみながらとある研究施設内へとやってきていた。

 

その施設内には液体に満たされたケースの中に

ひとりの人物が浮いている。

 

その若い男の前にやってきて

「最後の仕上げはお前に任せるとしよう・・・」

そうつぶやくイゼルカント。

 

そしてキオ達はルナベースへと一直線に向かっていく。

果たして戦いの行方は・・・

 

 

で、続く。

 

 

出ましたねーAGE-FX。

なんかいつものことながらホント展開が早いなーと感じてしまいます。

まあそこがAGEらしいっちゃらしですが(笑

 

しかしちょっとCファンネルが思ったのとイメージ違うというか(汗

もっとこう、なんて言えばいいのか・・・

 

とりあえず、ファンネルっぽくない(笑

 

せっかく最後のガンダムなんだしもうちょっとカッコ良く描いて欲しいかなと(汗

 

まあしかし、アセムとキオ、ロマリーとアセムとの再会シーンなんかは

ちゃんと描かれててよかったなあという感じ。

しかしアセムが宇宙海賊になった理由は何か今ひとつ釈然としないかも(汗

 

しかしこれでいよいよラストへ向けて動き出した、

って感じのAGE。ここからどんな展開が待ってるのか?

新キャラや新MSも登場してくるみたいですしこのあたりは結構楽しみです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年7月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ガンダムAGE

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞