ガンダムAGE 46話 変なのでてきた(汗

ガンダムAGE 46話のあらすじ&感想です。

 

いよいよ最終決戦へと突入する連邦とヴェイガン。

連邦軍は要塞ラ・グラミスの攻略へと全軍を向かわせる。

 

対するヴェイガンも本拠地でもあるセカンドムーンがラ・グラミスと合流。

全軍の指揮はイゼルカントからゼハートへと託される。

 

ディーヴァではAGE-FXに新たな装備「FXバーストモード」が装備される。

しかし、キオはそんな新装備を好ましく思っていないようだった。

 

ヴェイガン側では、ザナルドのもとにイゼルカント本人から通信が入る。

「ゼハートの右腕として働いてほしい」と・・・

その言葉にあからさまな不快の表情を浮かべるザナルド。

 

イゼルカントのクローン、ゼラ・ギンスは未だ眠ったまま。

本来イゼルカントはゼラにすべてを任せたかったようだった。

 

始まる戦い。

ラ・グラミス前に展開するヴェイガン艦隊へと向かっていく連邦軍艦隊。

ラ・グラミスにはビッグリングを破壊した「ディグマゼノン砲」が存在するが、

艦隊が展開している状況では打つことはできない。そう連邦軍は考えていた。

 

しかし、アビス隊のデレクがあることに気付く。

ラ・グラミス前方に転回している艦隊の動きがおかしいと。

まるで自動で動いているように・・・

 

その瞬間、ディグマゼノン砲は発射される。

囮のヴェイガン艦隊もろとも、ディグマゼノン砲は連邦艦隊を焼き払った。

その攻撃に巻き込まれ、デレクも命を散らすことになる。

 

激昂するフリット。

 

ディグマゼノン砲が再度発射されるまでにラ・グラミスを落とすべく、

ディーヴァをはじめとして残った連邦艦隊は攻撃を続けるのだった。

 

キオもまた出撃をする。

そんなキオの前にはレギルスを駆るゼハート、そしてファルシアに乗るフラムが立ちはだかる。

窮地に立たされながらもバーストモードを使わないキオ。

 

そんな戦いの中、なぜかレギルスとファルシアにヴェイガン側の艦隊から

攻撃が加えられる。攻撃の主はザナルドの舞台だった。

ゼハートに従うのを受け入れられないザナルドはここでゼハートを殺すつもりなのだ。

 

混乱していく戦い。

そんな中、ファントム3の最後の一人、ゴトムも出撃する。

未完成のMS、グルドリンに乗って。

 

また、出撃していく部隊の中にはかつてセカンドムーンでキオと心を通わせた

少年、ディーンの姿もあった。

 

それぞれの思惑が交錯する戦いは果たしてどんな展開を見せるのか・・・

 

で、続く。

 

いやあ、いよいよ最後の戦いって感じですが

なんかいまひとつ盛り上がりにかける気がしますねぇ・・・

 

MS同士の戦いは面白いんですが(笑

レギルスとFXの戦いはなんというか今までのガンダムとは一線を画してますね(笑

 

そして久々登場のファントム3。

というかそのMSがまたすごい(笑

未完成のMS「グルドリン」のデザインがあまりにも雑・・・(汗

 

なんというか過去に登場した「デスペラード」以上の衝撃です。

ハッキリ言ってイチジク浣○にしか見えない(汗

 

あんなMSで出撃しなければならないとはファントム3の面々はことごとく気の毒ですね・・・

 

とはいえ残りもあと3話。

果たしてどんな結末を迎えるのか?

気になるところですね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年9月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ガンダムAGE

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞