D.Gray-man 216話 クロスに続いてアイツも死亡?

Dグレ 216話のあらすじ&感想です。

 

神田の前に姿を現したアポクリフォス。

しかし、当然のことながら神田はその神父の男がアポクリフォス

だという事を知る由もない。

 

しかしその瞬間、ティムキャンピーが巨大化してアポクリフォスの襲い掛かる!

呆気にとられる神田。しかしアポクリフォスは全く動じることなくティムに

攻撃を加えるのだった。

 

そこで初めて「神父風の男」を敵とみなす神田。

アポクリフォスの攻撃はティムキャンピーを的確にとらえ、穴だらけにしてしまう。

 

そこへ神田が戦闘態勢に入るが、神田も簡単に倒されつぃまうのだった。

 

神田の記憶を覗き、ティムキャンピーを脅迫するアポクリフォス。

その隙を見て神田はアポクリフォスの首をへし折るが、それも有効なダメージとはならなかった。

 

その頃アポクリフォスの接近を感じたアレンも駆け出していた。

しかしその前にはなんと千年公の姿が・・・

 

倒れる神田の横に横たわるティムキャンピー。

神田は傷こそないが、記憶を操作されたのかもしれない。

 

その横に倒れたティムキャンピーはアポクリフォスによって

弱点を突かれ、再生することなく灰になっていく・・・

 

 

というところで続く。

 

今回の話でティムキャンピーが粉々に破壊されても再生できるのは

クロス・マリアンが何か細工をしているからだという話が出てきましたね。

 

しかし、アポクリフォスはその壊し方を知ってるようで、見事にティムキャンピーは

崩れ落ちていってしまいました。

 

・・・が、最後で完全に消滅する前に続くとなったところを見ると、

もしかすると生きてるんじゃないかなーと思ったり。

 

よくよく考えるとDグレって死んだのかどうかわからないキャラがほんと多い(汗

このままティムもそんな流れになったりして・・・

 

果たしてティムはどうなるのか?

そしてアレンのまえに現れた千年公は一体何の目的で現れたのか?

また次回が非常に気になるところです・・・

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年9月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:D.Gray-man

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞