るろうに剣心キネマ版 4話 刃衛がいい感じに狂ってる(笑

るろうに剣心キネマ版 4話あらすじ&感想です。

 

前回神谷道場の前に落ちていたたばこの銘柄から

雑貨屋「赤鼈甲」を探し出した剣心。しかし赤鼈甲はすでに雑貨屋

ではなく、牛なべ屋に代わっていた。

 

しかし、そこに待っていたとばかりに現れる斎藤一。

剣心は薫たちに赤べこで食事をしているよう伝え、齋藤と二人

人通りのない場所へと移動する。

 

そこで何故るろうになどをしているのかと剣心に問う斎藤。

「戻る覚悟を決めろ」と斎藤は剣心に伝えるのだった。

 

その頃観柳が雇った用心棒2番目から5番目が

剣心のもとへ向かおうとしていた。

しかし、そこへ現れる刃衛。

 

刃衛は「抜刀斎」によって貫かれた両手の「穴」に刃を差し込み、

2番目から5番目の用心棒を一瞬で切り殺す。

「うふふ」と笑う刃衛はまさしく狂気に満ちていた・・・

 

で続く。

 

出てきましたねー、刃衛。

なんというか以前よりも狂ってる感じは割増って感じです。

 

しかし手に空いた穴に刃の柄部分を差し込んで攻撃、というのは

狂ってる感はありますけどいくらなんでも無理があるでしょって

思っちゃいますね(汗

 

まさか実写映画の方でもそんなことしてないでしょうし(汗

ですが、なんかラスボス感漂う感じは悪くないですね。

 

そういえば刃衛に瞬殺されちゃった用心棒2~5番目は

完全に「闇の武」の面々でしたね(汗

あっという間の出番終了はさすがに気の毒でした。

 

あとは斎藤はかなり毒気抜けちゃってるのがちょっと残念。

刃衛が狂ってる感割増な分、斎藤の毒気のなし加減が半端ないです。

 

斎藤の方は以前の方が良かったなあ・・・という感じですね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年9月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞