ガンダムAGE 47話 アビス隊長・・・(泣

ガンダムAGE 47話あらすじ&感想です。

 

激突が続くラ・グラミス攻防戦。

グルドリンで出撃したファントム3最後の一人

ゴドムはガンダムを探し、宙域を移動する。

 

ディーンもまた、出撃していくのだった。

 

母艦へと戻ったゼハートはザナルドと通信し、

次群への攻撃をとがめるが、ザナルドはそんなゼハートの

非難を「誤射」だと突っぱねる。

 

さらには「貴様をイゼルカント様の後継者とは認めない」

と言い放ち、独断専行で行動を開始するのだった。

 

連邦軍はディーヴァのフォトンブラスターをヴェイガン艦隊

中央に打ち込み、そこを突破口にしてラグラミスを攻略しようとしていた。

 

その頃、グルドリンがガンダムの前に現れる。

すさまじい攻撃力でAGE-FXへと特攻をしかけるグルドリン。

 

しかし、アビスのクランシェ・カスタムの攻撃によって

特攻は妨害されてしまう。そしてアビスはキオにディーヴァの

守備に向かうよう伝え、自分はグルドリンと対峙するのだった。

 

攻撃のパターンを読み切り、グルドリンを撃破するセリック・アビス。

しかし、グルドリンの爆発に巻き込まれ、アビス機は吹き飛ばされ、

事もあろうに敵艦に引っかってしまう事となる。

 

時を同じくしてフォトンブラスターのチャージが完了するディーヴァ。

しかし、射線上の戦艦には、アビス機の反応が。

 

アビス機は完全に動くことができなくなっており、

激突の衝撃でフレームが曲がり、脱出することもままならない。

 

その状況を確認し、アビスはナトーラ艦長に「俺ごと撃て」

と伝えるのだった。

 

迷いの末、ナトーラはフォトンブラスターの発射を命じる。

その光を見ながら、アビスは「長い休暇がもらえそうだ」

と笑顔で散っていくのだった・・・

 

フォトンブラスターの余韻が冷めやらぬ中、キオの前には

一機のMSが襲い掛かる。乗っていたのはディーンだった。

 

キオは戸惑いながらもディーンのMSの

四肢を破壊し、動きを封じる。

そのうえで、キオはディーンの真意を聞いた。

 

ディーンはルゥの墓を地球に立ててやりたいと願い、

戦争へと身を投じていたのだ・・・

 

「キオもたまには会いに行ってやってくれよな・・・」

そういうディーン。

キオもまた、その申し出を快諾する。

 

 

その瞬間。

 

 

ディーンのMSは粉々に吹き飛んでしまう。

攻撃を仕掛けたのはザナルドだった。

 

その瞬間、キオの感情が爆発する。

「使わない」と決めていたバーストモードを発動し、

キオは一瞬でザムドラーグを破壊するのだった。

 

すんでのところでザナルドは脱出。

キオは一瞬ながら敵を「殺そうとした」自分に愕然とするのだった。

 

ディーヴァの一撃により戦況はヴェイガン側に不利となる。

そんな中、ゼハートはザナルドの艦隊ごと、ディグマゼノン砲で

連邦軍を焼き払うことを決めるのだった・・・

 

 

で、続く。

 

 

ああああ、アビス隊長・・・

ハッキリ言ってかっこよすぎます。

完全に惜しい人を亡くしました。

 

ガンダムシリーズは終盤になると多くの犠牲が出るのは

避けられませんがやはりいざこういうシーンが描かれると

ちょっと・・・感じです。

 

ディーンの死もあまりに唐突というか、

もっと心理描写とか描いてほしかったなぁ・・・と思ったりします。

 

何にしても残りはあと2話。

果たしてどんな結末を迎えるのやら?

次回も気になるところです。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年9月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ガンダムAGE

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞