AKB49 59話 中学生作曲家の気になる奇行?

 

【送料無料】AKB49~恋愛禁止条例~(04)

【送料無料】AKB49~恋愛禁止条例~(04)
価格:440円(税込、送料別)

 

AKB49 59話のあらすじ・感想です。

 

みのりたちの新曲を作曲するのは中学生の引きこもり?

みのりたちがその自宅まで行くと、

無言でPCに向かう中学生が一人。

 

早速作曲をお願いするも、その答えは「NO」

「メジャーになんて興味はないし、誰かに頼まれて曲を作るなんてゴメンだね」

そういうのだった。

 

家族に話を聞くと、彼は小学生の頃から5年間、

ずっとひきこもりを続け、音楽を作ってるのだとか。

「初音ミク」だけが遊び相手の生活を送っているらしい。

 

そんな彼に曲を作ってもらうことに

みのりたちの間でも意見が割れる。しかし、

その作曲の実力は間違いなく本物。

もう少し話を聞いてみようと、みのりたちはこの家に残るのだった。

 

晩ご飯を一緒に食べる中で、

この少年が「絶対音感」を持っていることを知るみのり。

 

そして話の中で、彼はひきこもりという

環境の中で純粋に音楽に打ち込んでいるのだということを知る。

 

そこで再度作曲を頼むみのり。

しかし、彼は首を縦には振らなかった。

 

「結局みんな自分のことばかり考えてる」

「そんなやつらのために曲は作れない」

「もう帰ってくれる?」

そういうのだった。

 

 

そこでふと、部屋の中でカラオケBOXのレシートを発見するみのり。

後日気になってその店に行ってみると、

やはり彼はそのカラオケボックスを利用しているらしいことが分かった。

 

なぜか彼はこのカラオケBOXに来て、

2部屋借りるという不思議な行動を取るのだという。

 

ひきこもりのはずの彼がカラオケBOXで何をやっているのか?

みのりは彼の家族に何かを電話で確認し、何かをやるつもりらしい。

 

彼に作曲をしてもらうためにみのりが考えたこととは一体?

 

・・・で、続く。

 

 

うん、この漫画はまあ、

普通に考えたらありえないとこが面白いんだろうけど、

普通に考えてひきこもりの中学生の家に現役のアイドルが

直接尋ねるなんてまずありえない(汗

 

ほんとにやったら大騒ぎだしね(汗

 

そしてなんとひきこもりの彼は絶対音感を持っていて・・・

ってのもまた都合が良すぎる気が(汗

 

とはいえカラオケBOXで2部屋借りて何をやってるのか?

ここはちょっと気になりました。次回はこの辺が明らかに

なるでしょうからそこは楽しみです。

 

 

単行本5巻は11月17日発売ですね。

【送料無料】AKB49~恋愛禁止条例~(5)特装版

 

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年11月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:AKB49

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞