エデンの檻 177話 あれ、コレってどういうこと?

エデンの檻 177話あらすじ&感想です。

アキラたちの前で突然倒れてしまったりおん。
駆け寄ったアキラ達が見たもの。それはりおんの首筋を移動する
青色をした「何か」だった。

矢頼が「粘菌では?」と口にする。
そんな話から、真理谷は最悪の事態を想像した。

つまり、この粘菌はバイオハザードを引き起こした元凶ではないのか?と。

そこにいるメンバーの表情はみるみるこわばっていく。
外で見た大量の白骨。その原因となったがこの粘菌だとすると、
自分達も同じ運命をたどることに・・・

うかつに触れることは出来ないと口にする真理谷。
しかしそれは、裏を返せばりおんを見捨てるということを意味する。

その瞬間。

アキラは躊躇することなくりおんを抱きしめた。
そして「俺達はここまでだ。みんなはこの島の謎を解いて必ず帰ってくれ・・・」
そう言うのだった。

まさかのアキラのリタイア宣言。
そこのいた面々の表情は驚きに染まる。

しかし、矢頼だけは「俺は行くぜ」と言うのだった、
守りたいものがあるからと・・・

その言葉に安心するアキラ。
しかし矢頼は、アキラに何かを胃痛そうな表情を一瞬見せるのだった。

そんな時、突然雪までもが倒れてしまう。
もしや、粘菌の影響は既にりおん以外にも・・・?

 

その頃、外にいたメンバーの前には錦織が口にした通り、
パラケラテリウムが襲来していた。

その大きさに驚き逃げ惑うメンバー達。

そんな面々を尻目に、拘束を解かれた 錦織は高らかに笑う。

「この冒険のフィナーレだ!」と・・・
その言葉の真意は一体どこに・・・??

 

で続く。

 

うーん、何か錦織は悟ったっぽいですねー
一体なんでパラケラテリウムが襲ってくることが分かったんでしょう。

その辺が良く分からないですが、
近いうちに明らかになるのかもしれません。

そしてアキラの突然のリタイア宣言。
今までどんな状況でも絶対にあきらめるような言葉をはかなかったアキラが
今回はいとも簡単に「リタイア」を宣言しました。

りおんを助ける手段を捜そうともせずに。

やっぱこれも前回ポケットに隠した写真が関係してるってことなんでしょうね。
おそらくはアキラを絶望させるに十分な何かが写ってた、と。

いやしかし展開が最近ゆっくりで引き伸ばされてる感はあるんですけど
それでも今後の展開が気になっちゃいます。

細かな部分で分からない点が多いし、最終的にどんな展開に向かっていくのか?
気になるところも多いので次回が待ち遠しい感じですね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年11月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:エデンの檻

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞