とらぶるダークネス 13話 ヤミ好きにはたまらない展開に・・・

 

 

単行本3巻も発売して絶好調暴走中なトラブルダークネス(笑

今回の13話もかなり飛ばしてますね(汗

 

 

今回はまた実験の失敗でリトとヤミの手が

くっついたまま離れなくなってしまうという展開。

 

 

うん、ベタすぎ(笑

 

 

まあそんな状態なのでリトはヤミと行動を

共にしなければならなくなります。

 

たいやきを買いに行くのも一緒。

トイレも一緒。

風呂も一緒。

寝るのも一緒。

 

お約束の展開ですがここがやはり

この漫画の見どころと言っても過言じゃないでしょうね(笑

 

まさかトイレまで行かせるとは・・・(汗

 

 

おまけに入浴シーンではついにモザイクまで登場(汗

この漫画はホントどこまで突き進んで行くんでしょうか・・・

 

とはいえ最後の最後でヤミの過去が

語られるという展開になりましたね。

詳細は次回になりますが、これはちょっと気になります。

 

「ティアーユ・ルナティーク博士」

というキーワードがブラックキャット読んでた方には

ものすごく気になるとこですよね。

 

ブラックキャットの時ともしや設定は全く一緒?

だとするとヤミはティアーユ博士のクローンということになりますね~

 

というかこの展開だとティアーユ博士ももしや登場?

女性キャラなら十分ありえそう・・・

 

 

この辺も次回が気になるとこですね。

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年11月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:とらぶる ダークネス

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞