ガンダムSEED HDリマスター版発売決定。さらにBSで・・・

21世紀最初のガンダムシリーズ「ガンダムSEED」

がHDリマスター盤BD‐BOXで発売されることが決定。

 

 

 

全4巻で各巻12話が収められ、全48話構成。

2012年3月から順次発売です。

 

さらにそれだけではなく、BS11では1月1日より

毎週日曜日19:30より放送が開始。

HD画質での再撮影・再編集を行なっている上、

既存のシーンを新規に書き下ろした部分も。

さらには音楽も一部リミックスしたりと新たなSEED

として生まれ変わり、放送されます。

 

 

これはSEEDファンにはたまらない内容になりそうですね。

 

 

さて。

このタイミングでのSEEDのリマスター版の登場。

これはやはり、AGEの不人気も影響してるのでしょうか?

 

とはいえこうした企画はいきなり始まるモノでもないでしょうから、

おそらくは偶然と考えるのが妥当でしょう。

しかし、このタイミングだとあるいはAGEよりもSEEDの方が

盛り上がる可能性が非常に高いですね(汗

 

 

TV版では全50話でしたが、今回は再編集され48話に。

ただこれはおそらく時々放送された総集編的話をカットしてれば

このくらいになるんじゃないかと。

 

初代ガンダムを彷彿とさせるシーンも多く、

これが賛否両論になった箇所も多かったSEEDですが、

それでも作品としては非常に良いものだったと今でも思います。

 

主人公のキラ、そして親友であるアスラン、

ヒロインのラクス・カガリだけでなく、

ザフト側ではラウル・クルーゼ、イザーク、ニコル、ディアッカ

がそれぞれのキャラクターでいい味を出してました。

 

 

 

そして連邦軍側では

マリュー、ムウ、フレイ、ナタルといったこれまた

個性的な面々。よくよく考えてみればそれぞれの

キャラクターがほんとに個性的だし、見どころになるシーンが有りましたね。

 

 

個人的にはムウがアークエンジェルを守って

死んでいくシーンが非常に衝撃的だったのを

10年たった今でも覚えてます。

(結局生きてましたが笑)

 

 

うーん、こうして考えてみると今のAGEは

なんと面白み&盛り上がりに欠けるのでしょう(汗

 

この両作品を比較してしまうと、

やっぱりAGEのイマイチ加減は隠しようががありません。

 

 

ま、とはいえまだ始まったばかり。

もしかしたらこれから面白くなるかもしれないので

それを期待することにしましょう。

 

とりあえずSEEDの方が非常に楽しみなのは間違いありませんが・・・

 

 

 

この流れで映画も放映してくれたら嬉しけど。

それはないか(笑

 

 

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年11月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞