ブリーチ 469話の感想など。

今週のブリーチ(469話)は朽木白哉と月島のバトル、

そして朽木ルキアとリルカのバトルが描かれてましたね。

 

死神代行消失編もいよいよ佳境。

 

 

白哉はけして切られてはならない月島の刃に切られてしまい、

月島を過去に「挟み込まれて」しまう。その結果斬魄刃の能力・そして

弱点を知られてしまう事に・・・

 

そしてルキアはリルカとの戦いにおいて油断から

リルカの能力によってぬいぐるみの中に閉じ込められてしまう。

果たして2人の運命は・・・?

 

 

・・・と。

まあこんな感じだったんだけど。

 

 

正直、この戦い自体は

もっと簡単に終わる気がしてたんだけど(汗

 

いくら月島が強いって言ったって

白哉と勝負になるなんてあり得ないと思うんだけどなぁ・・・

そもそも月島ってフルブリング状態の

一護に一発で片腕斬り飛ばされてたりするし、

大して強くもない気がするけど(能力は怖いにしても)。

 

そうでなければ一護のフルブリングは

白哉の始解状態よりも早さがあるという事になるし。

もしそうならハッキリ言って銀城なんか相手じゃないような気がするんだよね。

 

この辺りのパワーバランスがどうも最近おかしい気がする。

ってブリーチに関して言えばそれは前からかな(笑

 

おまけに月城の能力って過去に自分の存在を挟み込むだけじゃないの?

なんか過去の記憶も知ることができるみたいな描写が今回の469話ではされてるよね。

 

記憶まで全部知られるって別の意味で怖い・・・(汗

 

正直今の消失編は「つなぎ」の話みたいな感じだし、

早く次の展開に行った方が面白いような気もするんだけどなぁ・・・

 

もっとサクッと終わった方が展開として気持ち良かった気がしてなりません。

 

って言いながらしっまりブリーチは毎週読んでるけど(笑

 

 

単行本は52巻まで発売中だね。

 

 

ちなみに53巻は12月2日発売予定。

今回の話も53巻には入ってるんじゃないかな。

 

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年10月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:BLEACH(ブリーチ)

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

日本アカデミー賞