エデンの檻 182話 ついに真相が・・・と思ったら打ち切り?

エデンの檻182話あらすじ&感想です。

 

アキラたちが霊廟の中で見たもの。

それはアキラタチ本人の写真だった。

一人一人の写真が壁に掛けられ、飾られていたのだ。

 

それに驚く真理谷。

そしてそこには石碑があった。

その石碑に書かれた内容は、アキラ達がのっていた飛行機

の乗組員334人の冥福を祈る文章。

 

そこでアキラは統括責任者の部屋と思しき場所で拾った

写真をみんなに見せる。そこに映っていたのはアキラ本人。

そしてアキラの母親だった。

 

その写真はアキラがグアムへ行く直前に撮ったもの。

つまりほんの少し前に撮ったばかりの写真。

しかし、その写真は明らかに劣化し、古くなっている。

 

そこから導き出される結論。

自分たちははるか未来の世界にいるのだという事をアキラ達は確信するのだった。

 

場面は変わり、飛行機が消息を絶った日。

 

その日334人を乗せた飛行機が突然消息を絶ったというニュースがテレビに流れる。

そのニュースを、アキラの母は同僚から聞かされるのだった・・・

 

で、続く。

 

・・・はい。未来は確定ですね。

というかそれは分かってたことですが(汗

あとはこれが完全なタイムスリップなのかどうかってところですね。

 

それよりも。

ラストのアキラの母登場シーンにでかでかと「残り3話」という文字が・・・(汗

 

ええええええええ!!

あと3話で終わり?!

 

これ完全な打ち切りコースじゃん・・・

 

真相を描く分には3話あればいけるような気がしますが、

これまでの流れを考えるとあと3話というのはあまりにも短い・・・

 

というかこれは多分ハデスの正体とか完全にスルーしそうな勢いですね(汗

そこもちゃんと回収して終わるのかな・・・

 

ともかくいよいよ真相が打ち明けられてく残りの3話は内容が超気になります。

タグ

2012年12月26日 | コメント/トラックバック(1) |

カテゴリー:エデンの檻

このページの先頭へ

日本アカデミー賞